ウィリアム・ローワン・ハミルトンの名言
William Rowan Hamilton

ウィリアム・ローワン・ハミルトン(William Rowan Hamilton)Wikipediaより

名言集が完成されることはない。

ウィリアム・ローワン・ハミルトン William Rowan Hamilton

イギリスの数学者 物理学者 1805〜1865


これは、全ての夢、才能、物などに言えることでしょう。

自然界では、完全も完成もありません。
常に目指すべきものが、そこにあるだけです。

これを、完成させてしまおうとすること自体に
無理があり、不自然であり、味気ないものになってしまいます。

言葉にも限界がありますが、常に変化、進化していく自然界の中で、
その表現をしていくことに終わりはなく、
自然界が存在する限り、その事象、変化を表現する言葉は続いていきます。

また、本来シンプルなひとつの自然の真理や原理などを表現していくにも、
あらゆる角度からのアプローチがありますから、
それを表現する言葉も無限に生まれてきます。

言葉でさえ、その言葉自体にも完成はなく、
時代によって言葉も変化してきていますし、
これからも変化していくでしょう。

またその言葉で、表現できることも、
使う人の個性も反映されてきますから、
どこまでも、その変化、進化に終わりはありません。

例えば、ひとつの現象、事象、気持ち、心を表現するにも、
言葉でそれを伝え切ろうとすれば、永遠に時間がかかってしまうでしょう。

人間界では、言葉に頼り過ぎる傾向にもありますが、
言葉のその一瞬での限界や、
同じ言葉でも、聞く人によって、
百人百様の受け取り方があることを心得て、
言葉に頼り過ぎることのないようにした方がいいでしょう。

言葉でさえ、未熟で未完成で、変化、進化し続けられるものですから、
他の多くのものが、その未完の度合いがわかるでしょう。

完成させようとするより、完全であろうとするより、
常に変化、進化し続けることを目指すことが、自然界では自然です。

それで、アプローチが全く違ってきます。

あなたの才能、能力も、
目指すレベルに到達させていくことは大切なことですが、
その追求に終わりがないことを、ぜひ認識して、
どこまでも高く、遠くまで追求していってください。

完成しないことが、自然界の最大の魅力です。

この魅力を最高に愉しもうとする人生が、充実した人生にする秘訣でしょう。

人生のゴールを迎える時にも、必ず夢の途中です。
夢を目指していることを愉しむのが、旅と同じで、人生ですね。

(浜本哲治)


歴史を変えた100の大発見 数学 新たな数と理論の発見史


ブルーム橋にある四元数発見の碑文。散歩の途中閃きを得たハミルトンは、四元数を定義する式を橋に刻み付けた。
ブルーム橋にある四元数発見の碑文。散歩の途中閃きを得たハミルトンは、四元数を定義する式を橋に刻み付けた。