アーネスト・ラザフォードの名言 Ernest Rutherford

アーネスト・ラザフォード(Ernest Rutherford)Wikipediaより

単純さを信条として、いつも質素な人間でいる。

アーネスト・ラザフォード Ernest Rutherford

ニュージーランド出身イギリスで活躍した物理学者 化学者 原子物理学の父 ノーベル化学賞 1871〜1937


これは、ラザフォードさんの方針だったようです。
こんなこともおっしゃっています。

物理の原理をバーのウエイトレスに説明できないのであれば、
それはウエイトレスではなく、その原理に問題があるのだ。


あらゆる分野に言えることですが、
今の人間界では、複雑にする方向に進んでいる傾向にあります。

複雑になることが、進歩、進化することのように、
捉えられている節もありますが、決してそうとは言えないでしょう。
むしろ、シンプルにしていくことの方が、価値があり、難しいでしょうね。

進化を実現していくには、シンプルな方向に向かうことが、
どうしても必要になるでしょう。

例えば、人間一人ひとりの能力が、
何かの力を借りて、能力アップしていくより、
何も使わずに、その能力をアップできた方が、
より進化していると言えるように。

また、例えば、人間の健康でも、薬などを使って、
表面的に問題を解決したように見せかけている限り、
本当の健康が実現することがないように、
やはり進化を実現していくには、シンプルな方向、
本質に向かう方向に進んでいくことです。

本来、人間が科学などで解き明かしている自然界の神秘も、
誰かの幸せのために役立って、初めて意味のあることであって、
その原理を、小学生にもわかるように、解説できなければ、
たぶん、あまりそれが役立つことはないかもしれませんね。

これも、自然界の真理に近づくほどに、
誰にでもわかるものになっていきます。

追求したい分野、領域を、
あなたにしか辿り着けない領域まで到達しようとするのであれば、
思考もチャレンジも、あらゆる面でシンプルにしていくことですが、
この本質、シンプルな方向へ向けていく能力は、
やはり、日常のあらゆる場面で、研ぎ澄ましていくことが大切でしょう。

日常の中で、複雑に考え、
複雑、表面的に行動する習慣や癖などがあって、
追求したい分野だけ、シンプルに本質に向かっていくことは、
非常に困難なことになるでしょう。

どうぞ、あなたの素晴らしい才能に、
どこまでも活躍してもらうためにも、全てをシンプルに、
そして、自然界の本質に向けて磨き込んでいってください。

その方向の追求で行き詰まることはありません。

どこまでも広がるフィールドを感じて、
どこまでも進化していける、才能、夢を感じることができますね!

(浜本哲治)


アーネスト・ラザフォード―原子の宇宙の核心へ (オックスフォード 科学の肖像)


20世紀初頭のラザフォードの実験室 Wikipediaより
20世紀初頭のラザフォードの実験室 Wikipediaより