オーギュスト・コントの名言 Auguste Comte

オーギュスト・コント(Auguste Comte)Wikipediaより

予見するために観察する。
予知するために予見する。

オーギュスト・コント Auguste Comte

フランスの社会学者 哲学者 数学者 社会学の祖 1798〜1857


もちろん、これは思考領域でも、ある程度できることなのですが、
これを思感領域、潜在領域でやっていくことで、
本来潜在領域の能力でもありますから、
予見、察知能力から、予知能力へと格段に高めていけます。

人間の脳は、五感で感じてインプットされた情報だけで、
活動しているわけではありません。
それだけだとすると、人間は未知をイメージしたり、
感じたりすることができなくなるわけですから、
成長、進化できなくなってしまいます。

また、危険から身を守ることもできなくなり、
命を繋いでいくことも難しいことになります。

自然界は、全てが動きのあるエネルギーの存在ですから、
そのエネルギーを動きを、五感では感じられないものも、
人間の脳は感じて、身の危険を察知して守ったり、
未知を感じたり、イメージして創造していく能力も与えられています。

五感の機能自体に限界がありますからね。
例えば、音なども、通常人間の耳には聞こえない音も存在しますし、
聞こえないから、そのエネルギーが存在しないものとは言えません。

その音を、五感を研ぎ澄まして感じ取る人もいますし、
五感ではなく、感じ取っていることは、誰にでもあることです。

こういう能力は、人間だけではなく、
動植物たち全てに授けられています。

例えば、愛犬は外出中の家人の意識が、
家に向かったことをキャッチして、迎える準備をすることは、
犬と一緒に暮らしている人であれば、日々見ることのできる光景ですね。

また、植物たちのエネルギーの察知、予知能力は高く、
台風などの影響を受けるかどうかは、
植物たちの準備する様子を見ているとわかります。

また、そのままエネルギーの変化が、起こらなければ、
自分に起こるであろうことも予知して、教えてくれたりもします。

人間にも備わっている、察知、予知能力は、
どこまでも研ぎ澄ましていくことのできる能力でしょう。

例えば、追求している専門分野では、
たぶん、その分野のことを知らない人より、
間違いなく、この能力は高いでしょう。

例えば、心身の健康であれば、どういう生活をしていて、
どういうものを食べていて、
どういう考え方を持っているかなどがわかれば、
どういう病になっていくかは、それが変わらずに続いていくとしたら、
簡単に予知できることです。

これは、過去の経験などからできることですが、
プロとしては当然に持ち合わせていなければならない、
知識の領域ですが。

達人の域に達していくには、もっと微細な変化を、
さらに五感では察知できない、違い、変化なども察知して、
想定、予見して、未来に起こることを予知していくことが必要です。

こういう能力は、研ぎ澄ましていけば、
人間が創った最新の機器などを遥かに凌ぐ的確さで、
問題などのエネルギーを察知できます。

察知、予見能力が高まれば、当然予知能力も高まりますが、
予知能力も経験の域を超えていくことで、
より精密に、その能力を発揮できるようになります。

どの分野を追求していくにも、どんな能力を追求していくにも、
察知、予知能力を高めていくことは、とても重要なことになります。

そして、信じられないほど、人間のそういう能力は、
どこまでも高めていけるものです。

どうぞ、あなたの素晴らしい才能を、どこまでも進化させるために、
五感で感じる能力を高めていくことは当然として、
五感では感じられないエネルギーを感じて、
さらに、高いレベルで察知、予知能力を発揮できるように、
思感、感性を研ぎ澄ましていってください。

可能性が無限に広がっていきますね!

(浜本哲治)


オーギュスト・コント (ちくま学芸文庫)


ブラジルの国旗の白い帯に記されている「秩序と進歩」(Ordem e Progresso)はコントの言葉である。
ブラジルの国旗の白い帯に記されている「秩序と進歩」(Ordem e Progresso)はコントの言葉である。