クリストファー・コロンブスの名言
Christopher Columbus

クリストファー・コロンブス(Christopher Columbus)Wikipediaより

創造は難しく、模倣は優しい。

クリストファー・コロンブス Christopher Columbus

イタリア探検家 航海者 1451〜1506


創造することは、確かに難しいことですが、
これほど愉しいことはないでしょう。

また、難しいと言っても、
所詮、人間は自然界の中では、
全く新たなものを造りだすことはできません。

ただ自然界の中にあるものの、
組み合わせを見つけることが、
人間のできる創造です。

それは、コロンブスの卵よろしく、
誰かが実現した後から考えてみれば、
たわいもない組み合わせと思えるようなこと大半でしょう。

しかし、最初にその組み合わせを見つけだせることが、
人間には、自然界での創造は、それしかありませんから、
素晴らしい、偉大なことになります。

これを、後々にくだらないことだと考えてしまうことが、
創造力を発揮するには、大きな障害になるでしょう。

誰かが創造したことを、模倣することは、
創造することに比べると、遥かに簡単なことですが、
模倣の場合、どちらかといえば、
表面的なことを、形だけ模倣することが多く、
その本質まで理解できていないと、
模倣すること自体も、できていなかったりします。

そして、模倣から入っても、
独自の創造の領域まで、洗練させることができれば、
素晴らしいことなのですが、
やはり、本質を捉えていないと、
単に、オリジナルの亜流であったりすることになります。

創造の種子は、日常に溢れています。
それを、どれだけ感じ取って、
実践していけるかでしょう。

また、あなたの潜在領域では、
創造の組み合わせを、たくさん持っています。

それが、閃きとともに引き出されてきます。

閃きで現れても、思考では理解できないこと、
思考では、陳腐に映ってしまうことなどもありますが、
思考で理解できないことは、記録を残しておくことですね。
時間が経つことで、思考が思感に追いついてきて、
理解できるようになることもあります。

思考では、大したことではないと理解してしまうことは、
よくよく、その本質を感じてみることですね。
そこに、今までに気づいていなかった、
創造の種子が潜んでいることが多いです。

小さな創造が重なって、
大きな創造になってくることもあります。

いずれにしても、難しそうで簡単で、
簡単そうで難しいのが創造でしょう。

ただ、あまり難しく考えないことです。
創造と言っても、結果的には、卵を割って立てるようなものです。

創造は、あまり思考領域からは出てきませんし、
思考で見つけだすことを考えると、
とても難しいと感じることになってしまいます。

創造である組み合わせを見つけ、感じ取るのは、
思感、潜在領域です。

思考では、夢に一心に意識、気持ちを向けることを考えて、
後は、あなたの素晴らしい潜在能力に委ねてください。

どうぞ、閃きを自在に引き出す方法を体得して駆使して、
創造の種子を引き出していってください。

(浜本哲治)


夢を追いかけろ―クリストファー・コロンブスの物語


ジェノヴァにあるコロンブスのモニュメント Wikipediaより
ジェノヴァにあるコロンブスのモニュメント Wikipediaより