エドマンド・バークの名言 Edmund Burke

エドマンド・バーク(Edmund Burke)Wikipediaより

決して絶望してはいけない。
仮に絶望するような事態になったとしても、
そこから始めればいい。

エドマンド・バーク Edmund Burke

イギリスの政治思想家 哲学者 政治家「保守主義の父」1729〜1797


自然界では、可能性がなくなることはありません。

もちろん、それぞれの人生にも、必ずタイムリミットがあり、
成し遂げたいことにも、最後は、人生のタイムリミットがありますから、
タイムリミットを迎えてしまっては、
為す術もなくなりますから、自らが成し遂げる可能性はなくなりますが。

時間がある限り、可能性がなくなることはありません。

どんなに行き詰まったように見えても、
必ず、目指すところへ、たどり着ける道は残っています。

行き止まりのように見えてしまうケースでは、
見えている範囲だけを見ている場合であったり、
見えている、見ている範囲が、
物事のある一面であることが、見えていなかったり、
であることが多いでしょう。

そうなる、最大の要因は、
やはり、目指すものが明確になっていないことでしょう。

目指すものがないと、
目の前に遭遇した現象などを、
多面的に捉えることは、非常に難しいでしょう。

目指す先から、今を見るということや、
俯瞰するという視点を持てないですからね。

また、手段や過程、結果を目指している場合にも、
行き詰まり感を感じてしまうことは多いものですね。

例えば、手段であることを目指していると、
言葉通り、手段が限定されるわけですから、
可能性を、どこまでも狭くしてしまっているのは、
否めないことですね。

本来目指すべき夢が、しっかりと持てていれば、
それを実現するする手段は、それこそ無限に存在します。

ここのところが、わかっていなくて、
せっかくの無限に満ちた人生を、
自ら小さな、限定された可能性、世界の中で、
行き詰まって、人生を諦めてしまっていたり、
不平不満で、命の時を過ごすことになっているケースも、
意外と多いものですね。

どんな出来事にも、絶望する必要はありません。
可能性は、無限にあります。

むしろ、絶望するような現象は、
通常、思考で考えているだけでは、
とても思いつけないようなことを、
大胆にやれるチャンスでもありますから、
人生を転換する、愉しめる大いなるタイミングです。

たとえ、全てを失っても、
身ひとつに、時間のエネルギーさえあれば、
どんなことでもできます。

所詮、一度しかない、
限られた時間しか与えられていない人生ですから、
可能性の海で、立ち止まっているのは、
一分一秒が惜しく、もったいないことです。

ぜひ、何度でも、今の場所から、
今の状態から、タイムリミットまで、
スタートしていってください。

(浜本哲治)


崇高と美の観念の起原


エドマンド·バークの銅像 ワシントンD.C. Wikipediaより
エドマンド·バークの銅像 ワシントンD.C. Wikipediaより