スティーブン・リーコックの名言 Stephen Leacock

スティーブン・リーコック(Stephen Leacock)Wikipediaより

多くを成し遂げた人は、
きっと多くを夢見た人だ。

スティーブン・リーコック Stephen Leacock

カナダのユーモア作家 経済学者 1896~1944


リーコックさんの、こんな言葉もありました。

もっとも行動する人とは、
もっとも夢見る人のことかもしれない。


幸運は自ら動かない限りは、
決して訪れないものだ。


わたしは幸運の存在を信じている。
そして、一生懸命に努力すればするほど、
多くの幸運を得られることに気付いたのである。


夢は、人間の、自然界で生きるものの、
最大の活力源と言ってもいいでしょう。

目指すもの、夢を失い、枯渇すると、
環境に流されるだけで、活力を失い、
自然界では、大きな不自然なストレスを抱え、
人生に後悔を残すような、日々になってしまいます。

人生に感じる高い幸福度、充実度は、
決して、何かを成し遂げたからあるものではなく、
自ら目指すものを、成し遂げようと、
チャレンジしていく中にあるものでしょう。

これは、果てしなく無限に可能性だけがある自然界で、
そこに暮らす存在には、無限の欲があり、
何かを成し遂げても、さらに渇望感が残っていくことや。

自らが望むものに向けてではなく、
ただ単に、努力するだけでは、
どこまで進んでいっても、
満たされることがないことからも、
明らかなことです。

自然界での人生の満足度、幸福感を高めていくには、
与えられたものではない、
自ら決めた目指すもの、夢に向けて、
常にチャレンジしていく人生にしていくことです。

そして、無限の可能性だけがある自然界で、
目指していく夢も、
どんどん、進化させ、より多く、より高く深くを、
目指していくことでこそ、
日々の充実感、幸福感は高まっていくものです。

自然界の無限の可能性通りに、
人間の脳も、固定化された刺激には、
すぐに慣れてしまうことになりますからね。

どんなに、素晴らしい結果でも、
自らチャレンジすることなく、
得られ、与えられたものでは、
自ら得たものより、遥かに満足度は低いでしょう。

すべて、自らの心に沿っていくこと、
心に悖ることはしないことが、
充実した人生には、必要不可欠なことですね。

ぜひ、自然界で目指すべき、真の夢を持ち、
日々、大いに語っていってください。

その夢が、あなたに最高の幸せ、満足を与えてくれますね!

(浜本哲治)


The Complete Works of Stephen Leacock (15 Complete Works of Stephen Leacock Including Adventure of The Far North, The Hohenzollerns in America, The Mariner of St Malo, And More) (English Edition)


オンタリオ州のスティーブン・リーコックの家 Wikipediaより
オンタリオ州のスティーブン・リーコックの家 Wikipediaより