アウグスティヌスの名言 Aurelius Augustinus

アウグスティヌス(Aurelius Augustinus)Wikipediaより

自分の実力が不十分であることを知ることが、
自分の実力を充実させる。

アウグスティヌス Aurelius Augustinus

古代キリスト教の神学者 哲学者 説教者 354〜430


人間の最大の敵は、
常に自分の中にあります。

諦めや驕りは、その最たるものでしょう。

このどちらも、自然界の本質を、
理解できていないからこそ起こる現象です。

無限に可能性のある自然界では、
諦める必要はありません。
また、驕ってしまっては、
その可能性を生かせないどころか、
どんどん後退していくことになります。

どんな能力、事であっても、
極められることはありません。

常にその先があり、見えてきます。

この先が見えてこないのも、
見つけようとしないことも、
自然界の無限の可能性などの、
真理を理解していない証拠ですね。

人間の能力は、どこまでも高めていけます。
常にその道を探っていくことです。

そのチャレンジが、能力を高め、
当たり前のレベルを引き上げていきます。

ぜひ、あなたの才能の可能性を、
感じられるチャレンジをしていってください。

アウグスティヌスさんの、こんな言葉もありました。

神は風を備える、
だが人が帆をあげなければならない。


食べ物を選ぶように、言葉も選べ。


愛は魂の美である。


汝の今日は永遠なり。


以前紹介した、アウグスティヌスさんの言葉です。

習慣は第二の天性なり。

http://www.pt-hamamoto.biz/fwd3/263


(浜本哲治)