デレク・ジーターの名言 Derek Sanderson Jeter

デレク・ジーター(Derek Sanderson Jeter)Wikipediaより

常に自分自身に言い聞かせてきたことがある。
野球を仕事と感じはじめたとき、
それは新しい一歩を踏み出すときである、と。

デレク・ジーター Derek Sanderson Jeter

米国の元プロ野球選手(遊撃手)1974〜


ジーターさんの言葉です。

楽しくなくちゃいけない。
あなたがどう見るかは知らないが、
我々はゲームをしている。
それがビジネス、それが仕事だ。
楽しみがなければ、
うまくできるわけがないと思う。


どんなことをやるにも、
愉しむことが、まず何よりも大切なことです。

これは、日々の日常で実感できることですね。
それまで愉しめていたことが、
愉しめなくなると、途端にパフォーマンスは落ちます。

愉しむこと以上に、
可能性やパフォーマンスを引き出すコツはありません。

愉しめなくなったら、
次のステップに進むべきです。
そのタイミングがやってきたサインです。

別の道に進んでいくことでもいいでしょうし、
レベルアップ、バージョンアップしたことに、
チャレンジしていくことでもいいですね。

いずれにしても、常に愉しめているかどうかを、
常々感じていくことが重要です。

常に愉しめるようにしていくことは、
自分自身だけでできることですし、
それ以外にはありません。

どんな環境、状況であっても、
愉しめるポイントは必ずあります。

それを見出せることが、
真のセンスであり、能力を引き出す秘訣ですね。

ぜひ、どの瞬間も、
愉しめているかどうかをまず感じてください。

そして、どこまでも深く愉しんでいく道を、
見出していってください。

それが、あなたの素晴らしい才能への、
最大のプレゼントになりますね。

ジーターさんの、こんな言葉もありました。

我々は成功もするけど、失敗もする。
重要なのは、そうした全ての経験から学ぶこと。
それが唯一我々を上達させる。


偉大な選手たちの記録を抜くのはとても名誉なことだが、
自分が選手として最も大切にしているのは、
与えられた役割を果たし、
チームの勝利に貢献すること。
それに勝るものはない。
記録はあくまでも結果に過ぎない。


以前紹介した、ジーターさんの言葉です。

あなたより才能のある人はいるだろう。
でも、あなた以上に努力する人がいたら
そこに弁解の余地はない。
私の信念はそこにある。

http://www.pt-hamamoto.biz/fwd3/1489


(浜本哲治)