カミッロ・カヴールの名言 Camillo Paolo Filippo Giulio Benso, conte di Cavour

カミッロ・カヴール(Camillo Paolo Filippo Giulio Benso, conte di Cavour)Wikipediaより

人を信用する者は、
信用しない者より犯す誤ちは少ない。

カミッロ・カヴール Camillo Paolo Filippo Giulio Benso, conte di Cavour

19世紀イタリアの政治家 イタリア王国首相 1810〜1861


自分以外の誰かを信じることは、
その存在を信じる自分自身を信じることに他なりません。

その自分を信じることに、
忠実になっていけば、
それも、思考で考えたことではなく、
真に自分が感じたものを、
信じることに集中していけば、
一貫した道が見えてきますから、
事の成就に最も近い道になっていきます。

これが、自分自身を信じないことにしていったり、
誰かを、何かを、表面的に信じるということにしていけば、
病などを対処療法的に叩くのと同じように、
本質にはなかなか近づけずに、
事の成就は、どんどん遠ざかってしまいます。

何かを、誰かを信じるということの本質を、
ぜひ理解し、体得、実践していってください。

これができるようになっていけば、
事の成就は、驚くほどに早いスピードで実現していくでしょう。

あなたの素晴らしい才能には、
真に信じることを授けてあげてください。

その真が、最大のパワー、パフォーマンスを引き出してくれますよ。

カヴールさんの、こんな言葉もありました。

どんなに粗末でも、
立派な客間よりも、
自分の居間のほうがよい。


(浜本哲治)