<< 前の名言?                    次の名言 >>?

イブン・ハルドゥーン(Ibn Khaldun)の名言

イブン=ハルドゥーン

イブン=ハルドゥーン

精神は正確な秤である。
その記録は確かにして信頼を得る。

イブン・ハルドゥーン(Ibn Khaldun)
(中世のイスラーム世界を代表的する歴史家、思想家、政治家。1332〜1406)


その教育環境、社会環境の影響もあって、
思考に頼り過ぎることになっている人間界ですが、
思考の狭い領域では、容量的にも、能力、機能的にも、
限界がありますから、
人間の進化のためには、
思考中心、重視の発想を超えることができるかどうかは、
大切なポイントになるでしょう。

生きるための機能を働かせることはもちろんですが、
歩くことでさえ、例えば思考だけで動かすことはできないでしょう。

目的地に向かわせることなど、
思考にも大切な役割はありますが、
現代人は、思考に多くを委ね過ぎて、
必要以上のストレスを感じ、
全体のしなやかさや軽やかさを、
犠牲にしている傾向にあるでしょう。

ちょうど、メモリーやハードディスクの
小さな、ある部分の容量だけを使い、
全体の動きが鈍くなってしまう、
パソコンのような感じでしょうか。

顕在能力と潜在能力、
潜在能力のことを、私は思感とも言っていますが、
思考と思感は、その使い分けを、
本来持つ特性を活かしていくことで、
能力を飛躍的にアップすることができます。

情報などの記憶などには、
潜在領域、思感の方が明らかに得意ですし、
正確に全てを記憶してくれます。

ただ、現代人はその思感に記憶された情報を、
引き出す術を身につけられていないだけです。

また、微妙な力加減なども、
思考でやっていては、非常に疲れるだけですし、
その絶妙な能力を発揮する、思感、潜在領域に任せた方がいいでしょう。

とにかく、様々な場面で現代人は、
思考を使い過ぎて、疲れ果てています。

思考領域で、記憶しておこうとして、
忘れてはいけないというストレスで、
無駄なエネルギーを浪費していることなども、
良い例でしょう。

もちろん、自然界に完璧があり得ないのと同様に、
思感から引き出される情報やアクションが、
全て正しいとは限りません。
ただ、思考よりは遥かに確度は高いことは間違いありませんが。

その思感の確度をさらに高めていくには、
思考力、顕在能力を高めるのと同様に、
積極的に能力を使っていくしかありません。

直感力を高めるためには、
直感を使ってみなければ、高まることはありません。

閃きなどの、思感、潜在領域の情報を、
自在に引き出していくためには、
必要なアプローチを繰り返しチャレンジしていくことです。

また、閃きなどの情報の熟成度を高めにも、
その情報をたくさん活用していくことです。

思考領域とは比べものにならないほど、
膨大な量の情報を記憶していて、
しかも、その情報のクオリティは、
感情や、少ない経験に基づいたものではなく、
本質を見抜きキャッチしている潜在領域の情報です。

ぜひ、その情報や能力を、
引き出し、活用することにチャレンジしてください。

顕在領域、思考に偏ったトレーニング、チャレンジをするより、
遥かに早く、確実にあなたの能力が、飛躍的に開発されていきます。

その方法は、決して難しいことではありません。
ちょっとしたコツを掴んで、
自分自身を信頼して、積極的に活用していくことです。

潜在領域、思感の素晴らしさ。。。
というより凄さでしょうね。
これをぜひ、実感していってください。

(浜本哲治)

イブン・ハルドゥーン(Ibn Khaldun)Wikipediaより。
イブン・ハルドゥーン(Ibn Khaldun)Wikipediaより。

<< 前の名言?       >> 名言一覧 <<       次の名言 >>?

Facebookシェア [1] / [2]


関連ページ

a:1342 t:1 y:0