<< 前の名言                    次の名言 >>

エミール・ゾラ(Émile François Zola)の名言

居酒屋

居酒屋

青年よ、若き君たちよ!つねに正義とともに立て!
若き君たちの胸中から、正義が消え失せてしまえば、
その行く末は、社会の破滅である。
「正義」とは、単なる社会規範としての法律を言うのではない。
むろん法律は守るべきだ。
しかし、もっと崇高なる正義があることを、忘れないでくれたまえ!

エミール・フランソワ・ゾラ(Émile François Zola)
(フランスの小説家、自然主義文学の定義者。1840〜1902)


人間は、人間界のルールを守ることだけを、
正義とする価値観がありますが、
これは、非常に危険なことでしょう。

発想として、人間界のルールさえ守れば、
何をしてもいいというものになりがちです。

その発想が、現在の自然環境の状態や、
人間界の争いや病がなくならない、
深刻な状況を創り出しています。

人間界の中だけの発想、
人間同士だけが全ての中心にあるというような発想を、
超えていくことが、今の人間には求められていることでしょう。

自然環境を守ることは簡単です。
一人ひとりが、目の前の小さな自然を、
最大限尊重して、守っていく価値観を持てれば、
間違いない守っていけます。

ただ、現状では、
自然環境を守ることが大切だと言いながら、
目の前の雑草を無造作に引き抜いてしまう行動をするのが、
多くの人間でしょう。

言葉で言いながら、
実践が伴わない要因は、
ひとつには、気づいていないことがあります。

そして、柔軟性、しなやかさの喪失でしょう。

自然に沿うためには、
自然が何かを知る必要があります。

自然をどれだけ学んでいるか、知っているかを計るのに、
一目瞭然でわかる方法が、植物の育て方を見ることでしょう。

自然を守ること、自然に沿うこと、
自然との共生が大切だということを、
知識として知っていても、
具体的に自然のままにを実践できている人は、
非常に少ないのが現状でしょう。

特に雑草の扱いを見ているとわかります。

また、この方法は、
本来守るべき大切なことのためには、
それまでの価値観を大きく変える必要も出てきますが、
それができる心、脳の柔軟性、しなやかさも現れてきます。

雑草に対する認識は、ひとつの例のように感じられるでしょうが、
この発想が、あらゆる場面で本質を見抜けない、
習慣や価値観を必要に応じて変えられない、
囚われた発想に繋がっていきます。

雑草を敵とみなして排除するか、
味方にして、共存、活用していくかは、
現代の人間界には、非常に大切な価値観の変化です。

心、脳の若さは、年齢ではありません。
柔軟性、しなやかさを失ってくると、
老いていると言えるでしょう。

そして、その若さを保っていくにも、
自然を知ることが大切なポイントになりますね。

人間界の常識は、時代とともに変わるのに、
固定化しようとするようなものであったり、
非常に不自然なものが多いので、
それに囚われていると、しなやかさも失われてきますが。

自然界の自然を熟知していれば、
普遍の真理や、常に変化していくことが自然であることを、
実践、体感していくことになりますから、
柔軟性が失われることもなく、
どんどんしなやかになっていくでしょう。

才能、能力の進化、夢の実現も、
人間界の常識に囚われるよりは、
自然に沿うことの方が、遥かに実現の可能性は高まります。

ここが理解できていない人が人間界には多いでしょう。

年齢に関係なく、これからの人間界を、
成長ではなく、進化に導くのは、
若い、柔軟でしなやかな心、脳を持った人たちです。

どうぞ、自然に沿ったチャレンジをしている、
あなたの若さで、才能、能力を飛躍させて、
人間界を正しい方向に導くことに活かしてください。

(浜本哲治)

エミール・フランソワ・ゾラ(Émile François Zola)Wikipediaより。
エミール・フランソワ・ゾラ(Émile François Zola)Wikipediaより。

<< 前の名言       >> 名言一覧 <<       次の名言 >>

Facebookシェア [1] / [2]


関連ページ

a:198 t:2 y:1