<< 前の名言                    次の名言 >>

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)の名言

ブルー・トレイン

真に創造的でありたいのだ。

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)
(米国のモダンジャズのサックスプレーヤー。1926〜1967)


創造的であることが、
どうやら現代の人間社会は、表面的な変化のことを、
言っているのかもしれませんね。

時々、もう新たな創造はできないほど、
人間は発見、発明をしてしまった。
というような話を聴くことがありますが、
これは、とんでもないことでしょう。

まだ、人間が見つけだしたものは、
自然界にあるものの、
わずか数パーセントにも満たないものでしかありません。

自分自身の身体のこと、脳のことでさえ、
人間は、ほとんど知り得ていないと言えるでしょう。

創造の種子も、潜在的な能力や領域なども、
あると考えてアクションを起こすのと、
ないと考えての起こすのとでは、
同じように起こすアクションでも、
全く違う結果になってしまいます。

どこまでも深く、才能や誰かの幸せのために届ける愛を、
追求できるのが自然界なのですが、
少し行き詰まっただけで、
もうこれ以上深くは追求できない。
と思考で考えてしまうだけで、
その先にあるものでさえ、見えなくなってしまいます。

真の創造とは、流行りなどで廃れるものではなく、
いつの時代でも、時空を超えて受け継がれ、
語り継がれていくようなものでしょう。

そういう創造は、自然界のシンプルな、
自然の摂理、真理に向けて追求していけば、
どんな分野のどんな才能、愛であっても、
見つけだす、辿り着くことができます。

あなたの素晴らしい才能や愛の、
今考えられる、究極を目指して、
本気でチャレンジしてみてください。

その領域は、先人が切り拓いたものかもしれませんが、
そこを目指してチャレンジしていく過程で、
必ず、あなた独自の領域が見えてきます。

その方向が、本質、真理に向けられているものであれば、
その領域に到達できた才能、愛は、
必ず時空を超えるものになるでしょう。

道はどこまでも続いています。
もちろん、追求の道もですね。

真の創造の領域に到達できるかどうかは、
その道をどこまでも追求する、
意志があるかどうかだけです。

コルトレーンさんのこんな言葉がありました。

ぼくの人生にレジャーはなかった。

近い将来、もっと高めたいんだ。
この場所から始まった僕らの仕事を。


四十年余りの人生だったコルトレーンさんですが、
その時間の中で、時空を超えたものを残しています。

有名になるかどうかではありません。

日本人は特に、操作、脚色された著名性などに、
大きく影響される傾向にありますが、
それでは、一過性の流行りでしかありません。

名は残らずとも、分野や後に続く人たちの、
進化に貢献できる創造はいくらでもあります。

誰もが、その与えられた生の中で、
真の創造が可能な立場にあります。

せっかくですから、
ぜひ、生涯で時空を超える創造に辿り着いてください。

間違いなく、あなたの中には、
そういう能力は授けられています。

(浜本哲治)

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)Wikipediaより。
ジョン・コルトレーン(John Coltrane)Wikipediaより。

<< 前の名言       >> 名言一覧 <<       次の名言 >>

Facebookシェア [1] / [2]


関連ページ

a:2401 t:1 y:4