<< 前の成功法則                    次の成功法則 >>

諦める必要がないのが、本来の夢である。その夢を具体的に明確にしてこそ、ブレないチャレンジになっていく。<563>

諦める必要がないのが、本来の夢である。
その夢を具体的に明確にしてこそ、
ブレないチャレンジになっていく。

<563>

夢へのこだわり。
実現への情熱。
いつまでも、持ち続けていたいものですね。

私も、日々多くの方の、健康や夢の実現の、
お手伝いをしていますが。

今、目指している夢を、
簡単に諦める人は多いものですね。

これは、ひとえに、夢の設定に原因があります。

もったいないのは、夢を諦めることより、
それまで、積み重ねて来たものを、
やめてしまうことですね。

本来、夢は、目の前の実現で、
終わるものではありません。

ひとつの夢を実現しても、
さらに、その先の目指すものが出てきます。

同じように、目の前の目指すものが、潰えたとしても、
その先に、目指すべきものがあるはずですね。

それを、目の前のものが、
実現できなかったからと言って、
全てを放棄してしまうのは、
本当にもったいないですね。

目の前のものばかりを、
追いかけていると、
こういう、状態になってしまいます。

夢は、才能が見つかったり、
ある程度の、土台が出来てから、
設定するものではありませんね。

これでは、極端に才能の研磨や、
夢の実現に、時間がかかってしまいますし、
夢自体を、設定できなくなる可能性が高いですね。

ジグソーパズルの出来上がりの絵がなく、
ピースが、ある程度組み上がってから、
絵を見ようとしているようなものですね。

まず、何よりも先に、
出来上がりの絵を、夢を見ること、
設定することですね。

最初は、おぼろげなものでもいいんです。
出来上がりの絵ですから、
あなたの人生のゴールの時に、
どんな絵になっているかですね。

本来の夢は、どれだけの人の幸せのために、
あなたが役立てるかということですから。

人数でもいいのではないでしょうか。
もちろん、人生の夢を、
明確にイメージ出来るものであれば、
何でもいいでしょう。

あなたの人生の時間を使って、
どれだけの人を、幸せにすることを、
あなたは目指しているでしょう?

仮に、人数を決めてしまえば、
その状態のイメージは、
果てしなく湧いてきますね。

また、幸せになってもらおうと、
届けた人のうち、届くのは、
せいぜい2割ですから、
どれほどの人に、届けていかなければならないか、
明らかになりますね。

届ける方法、どういうものを届けるか、
これも、果てしなくやることが見えてきます。

仮に、目の前で目指してきたことが、
実現せずに終わったとしても、
人生の終わりに、見る笑顔の数が、
明確になっていれば、
いくらでも、別の方法を探せますね。

少なくとも、あなたの人生で、
あなたの才能で、どれほどの人に幸せを届け、
何人の笑顔と出会うかを言えるようにしておかないと。

日々、目の前で起こることに振り回されて、
ストレスを溜めるだけになってしまう、
可能性が高くなりますね。

本来のあなたの人生の夢や、目指す夢は、
あきらめる類いのものではなく、
いつまでも、そのままにしておくものですね。

夢は、いちばん遠く、人生のゴールから、
決めていった方がいいですね。

どうぞ、あなたの人生の夢の実現に向かう、
チャレンジをしていく毎日にしてください。

夢が明確になると、
あなたの才能が、煌めき始めますよ!

(浜本哲治)

Facebookシェア [1] / [2]


a:455 t:1 y:0