<< 前の成功法則                    次の成功法則 >>

意図的に閃きを引き出す、心を向けて、思考を手放す方法は、再現性のある潜在能力の活用の第一歩である。<575>

意図的に閃きを引き出す、心を向けて、思考を手放す方法は、
再現性のある潜在能力の活用の第一歩である。

<575>

渡良瀬川(わたらせがわ)は、
私の住む、群馬県も流れている川です。
渡良瀬橋は、栃木県の足利市に架かっている橋ですね。

楽曲「渡良瀬橋」の歌詞は、森高千里さんが、
新曲のイメージが、なかなか湧かない時に、
橋をテーマにして、言葉の響きの美しい川や橋を、
探して創られたようですね。

この経緯の中に、
潜在意識、能力へのアクセスの、
大きなヒントがありますね。

夢へのチャレンジのアクション方法、
問題の解決法などは、
思考領域だけで考えていると、
行き詰まってしまうことが多いですね。

そんな時は、潜在能力を、
上手に活用していくといいのですが。

そのアクセスのコツは、
テーマや解決したい問題点を、
出来るだけ絞り込んで、
思考を手放して、心だけ向ける。

インプットだけしておく感じですね。

そして、自然の刺激を受けられる
環境に身を置いて、閃きを待つことです。

思考を手放す感覚と、
思考せずに、心を向ける感覚は、
慣れるのに、少しコツが必要ですが、
考えに考えて、煮詰まった状態になって、
ふと、トイレや一息入れた時に、
名案や閃きが訪れた経験はあると思います。

思考を手放す、
思考せずに心を向ける方法として、
煮詰まるほどに、考え尽くすのも、
ひとつの方法ですね。

とことん考え尽くしても、
何も出て来なくなると、
脳がオーバーヒートした感じになって、
思考を手放すことができやすくなります。

その感覚、慣れてくると、
意識的に、思考を手放せるようになります。

感性の領域、潜在意識の領域は、
思考の領域のデータも、
インプットされていますから、大丈夫です。

あなたの脳を信じてあげて、
閃きを大いに活用してみてください。

いつ来るかわからない閃きを、
意図して引き出せるようになれば、
間違いなく、あなたの夢の実現は加速していきますね。

自然の刺激を受けることも、
効果的に潜在領域にアクセスする、
大切なポイントです。

再現性のある潜在能力へのアプローチに、
ぜひ、チャレンジしてください。

どうぞ、日々、
せっかく与えられている、
あなたの脳の可能性を、
存分に引き出してあげてください。

そこに確実にある、膨大な能力を、
使わないのはもったいないことですね!

まだまだ、あなたの能力は、
本来の能力の、数パーセントしか、
使われていませんからね!

どんな能力、可能性が発露するか、
本当に楽しみな毎日になりますね!

(浜本哲治)

Facebookシェア [1] / [2]


a:496 t:1 y:0