桜桃(おうとう)さくらんぼの芽吹きです。

桜桃(おうとう)さくらんぼの芽吹きです。

桜桃(おうとう)さくらんぼの芽吹きです。

おはようございます!
太陽が眩しい季節を思わせる、
スッキリした陽光を届けてくれた太陽が昇ってきました。

今日3月22日は、

  • 世界水の日―地球と水を考える日(World Day for Water)
    1992(平成4)年の国連総会で決定し、翌1993(平成5)年から実施。
    国際デーの一つ。
    地球的な視点から水の大切さ、貴重さを世界中の人々がともに見詰め直す日。
    日本では、8月1日が「水の日」となっているので、
    この日は「地球と水を考える日」としている。

  • 放送記念日
    日本放送協会(NHK)が1943(昭和18)年に制定。
    1925(大正14)年のこの日、社団法人東京放送局(現在のNHK東京放送局)が
    日本初のラジオ仮放送を始めた。
    東京・芝浦の東京高等工芸学校に仮スタジオを設け、
    午前9時30分、京田武男アナウンサーの
    「アー、アー、アー、聞こえますか。JOAK、JOAK、こちらは東京放送であります。こんにち只今より放送を開始致します」という第一声が放送された。
    元々は3月1日に放送を開始する予定だったが、
    購入予定の日本にたった1台しかない放送用送信機が、
    同じく設立準備中の大阪放送局に買い取られてしまった。
    そこで東京放送局は、東京電気研究所の送信機を借り放送用に改造して
    使用することにしたが、2月26日の逓信省(後の郵政省)の検査で
    「放送設備は未完成のため3月1日からの放送はできない」
    と判断されてしまった。既に3月1日から放送を開始すると報じており、
    また、大阪放送局よりも先に日本初のラジオ放送を行いたいということで、
    「試験放送」という形で逓信省の許可を受け、
    なんとか3月1日から放送を開始することができた。
    22日には逓信省から正式に免許を受けて仮放送を開始し
    7月12日に愛宕山からの本放送が開始された。
    大阪放送局はその年の6月1日から仮放送を開始した。

今日の誕生花は、

  • 銭葵(ぜにあおい)
  • チューリップ
  • イベリス
  • アザレア
  • 木槿(むくげ)
  • 連翹(れんぎょう)
  • パンジー
  • ハーデンベルギア
  • 矢車菊(やぐるまぎく)
  • ホワイトレースフラワー
  • メロウ

昨年我が家に来てくれた子ですが、
今年も元気に芽吹いてくれています。

自家受粉して、実を付ける品種の子のようなのですが、
まだまだ幼木なので、今年は実は付けないでしょう。

今年は、どれだけ大きく育ってくれるか、
性格、生態なども感じながら、楽しみに見守っていきたいですね。

桜桃の花言葉は、
「小さな恋人」「上品」
「あなたに真実の心を捧げる」「幼い心」

地球上で生活する者にとって、
なくてはならないもののひとつである水ですが。

この大切な自然の恵みを、
自然のままにいただけないような、
状況にしてしまっている人間界ですね。

その影響は、人間以外の生き物たちにも、
影響を及ぼしています。

もちろん、人間もその影響で、
様々な病に苦しむことにもなっていますね。

日本の現在の水事情については、こちらをご覧ください。

現状は、自己防衛していくしかない状態ですが、
水が変わるだけで、様々な心身の健康の状況が、
改善していく例は、これまでに本当に多く遭遇してきました。

それだけ大切な水なのに、
状況は劣悪になっていく一方ですね。

自然の恵みを守るために、
そのままいただけるために、
できることは何かを、ぜひ水の日の今日、
考えてみてください。

できることはきっとあるはずです。

少なくとも、今以上に自然の循環が後退、
劣悪化しないようにするチャレンジは、
すぐにでもできることでしょう。

その上で、未来の子どもたちに、
自然のままの自然の恵みや、
天然の水を届ける方法を考えていきたいですね。

飲料用の水は植物たちにも分けてもらえます。
春には、白樺からは妖精水と呼ばれる、
水のような樹液をいただけたりします。

樹々、草花たちと上手につきあっていけば、
素晴らしい恵みを与えてくれるかもしれませんね。

雨水の活用も含め、
そんな研究、追求ももっと進んでもいいでしょう。

人間界の負の連鎖からの離脱も、
自然の循環に戻ること、
自然の植物たちの力を借りることで、
実現していくでしょう。

いや、それなしには実現しないでしょう。

どうぞ、今日も、
今の不自然な水の状況などを、しっかり認識して、
どんな自然への戻り方ができるか、
自然の循環に戻していくことができるかを、
考えてみてください。

そういう発想、追求から、
素晴らしい発見などがきっとありますよ。

少なくとも、才能が飛躍的に開花するには、
自然に触れること、自然の循環に乗ることが、
必要なことは間違いありません。

当たり前になっていることが、
非常に不自然な状況になっている人間界を、
自然に戻すチャレンジは、とても快適で愉快なチャレンジになりますよ。

ぜひ、その愉しみを今日から始めてください。
そんなチャレンジを始める今日も、素晴らしい一日になりますね。

桜桃(おうとう)さくらんぼの芽吹きです。

a:2475 t:2 y:1

コメント


認証コード6495

コメントは管理者の承認後に表示されます。