坂本冬美「夜桜お七」

今日も、感性、感じる心をフルに活用できた、
素敵な一日になりましたね!

今日のリクエスト曲は、
坂本冬美さんの「夜桜お七」です。

あなたのお好きな春の曲も、ぜひ教えてください。
↓こちらで投票を行なっています。

桜吹雪、花吹雪、
咲く花ももちろん大好きですが、
落葉同様に、散る花も大好きです。

植物たちは、どんな状態になっても、
誰かの役に立つことをしていきます。

それも一枚、二枚ではなく、
何百枚、何千枚と散らしていきます。

花や落葉が散った場所が、
一面にその子色に染まる様子は圧巻です。

一本の樹、一人の人間に、
できることは限られています。

一枚の花びらや葉で、
幸せにできる人にも、
その深さにも限度があります。

ただ、その小さな花びらでも、
吹雪のように、間断なくたくさん散らしていけば、
広い範囲を、一色に染めることができます。

たまに散らすだけでは、
数枚ちらすだけでは、
あなた色に染め上げることはできませんね。

夢の実現は、
日々の小さなチャレンジを、
どれだけ、集中的に吹雪かせるかと言ってもいいでしょう。

降り始めの雪は、
すぐに消えてしまいますが、
間断なく降らせる雪であれば、
後から降らせる雪を積もらせることに、
冷やすことで、必ず役立っています。

ただ、後が続かなければ、
変化の自然界では、冷やす効果も、
そういつまでも保つものではありませんね。

チャレンジ、愛は途切れることなく、
降らせ続けることです。

感情と感性の違いは把握できていると思いますが、
現代人の多くの、感性的と考えているケースは、
大半が単に感情的であったり、
気まぐれであったりします。

感性でのチャレンジは、
決して、気分でやったりやらなかったりすることではありません。
やったり、やらなかったりは、
単に感情的、気分的にムラがあるだけで、
これを感性的と考えるのは違います。

感性でのチャレンジは、
集中できることはもちろんですが、
持続力、継続力が、
思考や、思考の産物である感情とは、
次元が違うほどに発揮されます。

ぜひ、感情的と感性的の違いは、
あなたの中で、しっかりと把握してください。

これを、感じ分けていないと、
感情的になることが感性的なことだという理解になりますから、
なかなか、才能の進化、夢の実現に、
飛躍的で、醍醐味のある、
感性のチャレンジに入っていけません。

感情表現が豊かではなくても、
むしろ、感情的になるより、
感性的になりやすいでしょう。

思考でのイメージをはるかに超えた、
集中力、持続力、継続力を発揮する、
感性的なチャレンジの感覚を、
ぜひ掴んでください。

あなたの素晴らしい才能は、
感性的なエネルギーを受けて、
飛躍的に進化していきます。

その飛躍的な進化に加えて、
辺り一面を、あなたの才能で染め上げる、
持続力、継続力を発揮できれば、
怖いものなしになっていきますね。

その感覚を掴んだ、明日のチャレンジは、
本当に楽しみなチャレンジになりますね。

明日も、きっと素敵な一日になりますよ。
今日も素晴らしい一日をありがとう!^^

坂本冬美25周年ベストアルバム

坂本冬美25周年ベストアルバム


a:1932 t:1 y:2

コメント


認証コード0474

コメントは管理者の承認後に表示されます。