杏子(あんず)の花が咲いてきました。

杏子(あんず)の花が咲いてきました。

杏子(あんず)の花が咲いてきました。

おはようございます!
雲の多い朝、空も春の素敵な風物詩ですね。

今日3月27日は、

  • 世界演劇の日(World Theatre Day)
    ユネスコの外郭団体である国際演劇協会(ITI)が制定。
    1962年のこの日、ITIがパリで
    第1回シアター・オブ・ネイションズ(諸国民演劇祭)を開催した。

  • さくらの日
    日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。
    3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ
    「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから。
    日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、
    日本の自然や文化について関心を深める日。

  • 国軍記念日(ミャンマー)
    1945年3月27日のビルマ国軍対日蜂起を記念。

  • 京都表千家利休忌

  • 赤彦忌
    歌人・島木赤彦(しまぎあかひこ)の1926(大正15)年の忌日。

今日の誕生花は、

  • 巾着草(きんちゃくそう)
  • ジキタリス
  • ノースポール
  • 菜の花(なのはな)
  • カルセオラリア
  • 猩々袴(しょうじょうばかま)
  • ポプラ
  • アルストロメリア
  • 風信子(ひあしんす)
  • ヒベルティア

臘梅(ろうばい)から紅梅(こうばい)にバトンタッチされて、
やはり見事に、紅梅から杏子へのバトンタッチになりました。

桜の花にも似た杏子ですが、桜に繋いでくれるでしょう。

今年は、この子もたくさんの花を咲かせてくれそうです。
結実も楽しみですね。

杏子の花言葉は、
「はにかみ」「乙女のはにかみ」
「早すぎた恋」「慎み深さ」「気おくれ」

杏子と言えば、中国の「神仙伝」に、
杏林の故事がありますね。

廬山(ろざん)の仙人董奉(とうほう)が、
人を治療しても礼金を取らず、
治った者に記念としてアンズの木を植えさせたところ、
数年にしてアンズの林ができたという故事です。

人間は、その一生で、
直接的、間接的に多くの自然の恩恵を得て、
多くの自然を乱しています。

自然界の循環を保ち、進化に増幅させるためにも、
また、自然の循環で才能や能力の進化が実現していることを、
体感していくためにも、
本来は、自然に返すところまで、
自らやるべきなのですが、
現代の人間社会は、それができていません。

自然を活用するところだけ、
それも、自然の恵みだとわからないような状態で、
行なわれていますから、
自然とは何かがわからなくなっても、
仕方ないのかもしれませんね。

自然の循環に少しでも寄与するためにも、
ぜひ、木や植物はたくさん植えてください。

人間は酸素は消費するばかりで、
生み出すことはできません。
地球の酸素ボンベを使ったり、減らすだけでは、
明らかに未来の子どもたちに、
素晴らしい地球をバトンタッチできないでしょう。

木の場合は、一人前になるまでに、
一人の人間の寿命を遥かに超える時間が必要な子もいます。
邪魔になるからと、安易に切ってしまわないでください。

草花、野菜たちも、
自然の循環を学び、体感するためには、
何年も同じ場所で見守ることです。

花でも、必要以上に人間が手を加えなければ、
70年、80年と咲き続ける子はたくさんいます。

今の人間界では、人工物は消費するだけ、
使い捨てるだけになってきていますから、
循環して、進化していくことを、
目の当たりにする機会が少なすぎます。

自然の凄さ、
自然のままの素晴らしさを体験するにも、
循環を見ていくことです。

今の場所に、植物たちを植える、見守る場所がなければ、
植えられる、見守れる場所に、
ぜひ、自らの手で植えてください。

そして、自らの手で、自然の循環を遮ることなく、
可能な限り守る手であってください。

どうぞ、今日も、
身近なところから、自然の循環を感じ、
循環を維持、増幅させることにチャレンジしてください。

そのチャレンジは、単に生命維持のためだけではなく、
あらゆる実現に効果をあげることになります。

植物たちの循環を見守っていくことで、
様々な恩恵を受けることは、
そのチャレンジを始めただけで感じるでしょう。

自然の循環に乗せた、あなたの才能、能力が、
本領発揮していくことを楽しみに、
今日、ひとつでも自然の循環を守り、増やしてください。

きっと素敵な一日になりますよ。^^

杏子(あんず)の花が咲いてきました。

杏子(あんず)の花が咲いてきました。

a:1801 t:4 y:1

コメント


認証コード7275

コメントは管理者の承認後に表示されます。