今日の誕生花の針槐(はりえんじゅ)の花です。

今日の誕生花の針槐(はりえんじゅ)の花です。

今日の誕生花の針槐(はりえんじゅ)の花です。

おはようございます!
今朝はそよ風の静かな朝になりました。
真っ青な空が広がっています。

今日5月11日は、

  • 鵜飼開き
    岐阜県長良川の鵜飼は5月11日から10月15日まで行われる。

  • 技術の日(インド)
    1998年のこの日、インドが24年ぶり2回目の核実験を行ったことを記念。

  • ニスガ族の日(カナダ ニスカ自治政府)
    1999年のこの日、カナダ政府、ブリティッシュコロンビア州政府、
    ニスガ族の間で、ニスガ族の先住民土地請求問題を解決する
    「ニスガ条約」が締結されたことを記念。

  • 朔太郎忌
    大正・昭和期の詩人、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)の1942年の忌日。

  • たかし忌,牡丹忌
    俳人・松本たかしの1956年の忌日。

  • 梶葉忌
    小説家・梶山季之(かじやまとしゆき)の1975年の忌日。

今日の誕生花は、

  • 林檎(りんご)
  • 凌霄葉蓮(のうぜんはれん)ナスタチウム
  • 苺(いちご)
  • カーネーション(赤)
  • 矢車菊(やぐるまぎく)
  • ライラック
  • 針槐(はりえんじゅ)
  • ペチュニア

針槐(はりえんじゅ)

今日の誕生花の針槐(はりえんじゅ)の花です。

我が家には、二人の針槐がいます。
一人の子が、フリーシアという品種の子で、
葉の色が黄金色から、薄黄緑に変わっていく子です。
私の部屋の前にいますが、
今年初めて花を咲かせてくれました。

そして、もう一人の子が、この子で、
近くの河原から種子をいただいてきて、
芽吹きから見守った子です。
この子は、深い緑色の葉で、
一足先に、昨年初花を咲かせてくれました。

二人ともすっかり木らしくなってきて、
身長も5メートルを超えてきています。
今年もひとまわり大きく成長してくれるでしょうね。

針槐の花言葉は、
「慕情」「親睦」「友情」「優雅」
「頼られる人」「真実の愛」「甘い誘惑」

最高の美しさ、しなやかさは自然が創ってくれる。

我が家の二人の針槐は、
二人とも、非常にドラマッチックな子です。

針槐の育ち方と特性もあるのでしょうが、
マメ科の子らしく、非常に成長が早いのですが、
折れやすい特質もあって、
二人とも、何度も大きな幹を折っています。

種子から見守った子は、
芽吹いて間もなくの頃に、
愛犬に葉をすべて食べられて、
丸裸にされたこともありましたが、
そこから見事に復活してきました。

そして、種子からの子は一昨年、
フリーシアは昨年、台風で主幹が折れてしまいました。

それでも、植物たちの力は偉大ですね。
絶妙にバランスをとって、
美しい姿に、いつの間にか戻っていきますからね。

フリーシアは、昨年折れたので、
まだ、バランスを崩したままですが、
たぶん、今年の夏を過ぎる頃には、
また新たな境地の美しさを魅せてくれるでしょう。

美しさもしなやかさも、
自然に委ねていくのがいちばんです。

人間はどうしても思考で、
バランスなども考えようとしがちですが、
それは、身体の生命維持、健康維持を、
全て思考でやろうとするようなもので、
無理があることですね。

その領域は、脳の本来の機能に任せるのがいちばんですね。
思考は、最適な環境で脳が働けるように、
内的、外的な環境を整えることが役割ですね。

どんなに折られ、傷ついても、
嬉々として、チャレンジしていれば、
その後退、傷を補って余りある領域への成長、進化を、
自然界は用意してくれます。

折れたことで、折れなければできないことが、
そのまま成長することより、
可能性として広がることになりますからね。

植物たちの、傷を超えていく様子を見ていると、
まさに、そのことを実感させてくれます。

折れたところが、美しさしなやかさの、
大きなチャームポイントになっていきますからね。

どうぞ、今日も、
あなたの生命、健康維持を、
通常は意識することなく、脳の潜在領域に委ねているように、
何があっても、心配することなく、
あなたの脳、自然を信じて、
できる精一杯のチャレンジに愉しみながら勤しんでください。

それが最もあなたの美しさ、逞しさを、
醸し出していける方法です。

今日も間違いなく、素敵な一日になりますね!
どうぞ、存分にお愉しみください!^^

今日の誕生花の針槐(はりえんじゅ)の花です。

a:2217 t:1 y:0

コメント


認証コード7646

コメントは管理者の承認後に表示されます。