今日の誕生花の薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールの花です。

今日の誕生花の薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールの花です。

今日の誕生花の薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールの花です。

おはようございます!
薄い雲が空全体にひかれて、
太陽も薄陽がほんのりと射してきて、
全体が霞んでいて、何だか面白い朝でした。

今日5月14日は、

  • 種痘記念日
    1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが初めて種痘の接種に成功した。
    種痘の登場以前は、天然痘は最も恐ろしい病気の一つだった。
    発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、
    運良く治った人もあばた面になった。
    以前より、一度天然痘にかかった人は、
    二度とこの病気にならないことが知られていた。
    また、ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると
    天然痘には罹からないことを聞いた。
    そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、
    近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種した。
    10日後に発症したがすぐに治癒し、その後天然痘を接種しても感染しなかった。
    この実験は、学会には認められなかったが、
    ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、
    次第に認められるようになった。
    天然痘による死亡者は劇的に減少し、
    1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認された。

  • 温度計の日
    水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残す
    ドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日。
    なお、この日附はユリウス暦によるものであるが、
    ファーレンハイトの生地ダンツィヒでは既にグレゴリオ暦に改暦しており、
    それによれば5月24日となる。
    華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる
    当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、
    その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、
    水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる。
    ファーレンハイトが1724年に発表し、
    現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている。
    中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、
    「華氏」と呼ばれるようになった。

  • イエローデー(韓国)
    4月14日の「ブラックデー」を過ぎても恋人ができなかった男性は、
    この日に黄色い服を着てカレーライスを食べないと恋人ができないと言われている。

  • ローズデー(韓国)
    2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデー、
    4月14日のブラックデーを経て、この日までにカップルになった男女が、
    この時期に満開となる薔薇を贈りあう日。

  • 独立記念日(パラグアイ) 5月15日まで
    1811年5月14日にパラグアイがスペインから独立したことを記念。

  • 国家統一の日(リベリア)

  • 聖衆来迎練供養会式(奈良県葛城市當麻寺)

今日の誕生花は、

  • 苧環(おだまき)
  • 鋸草(のこぎりそう)アキレア
  • 芍薬(しゃくやく)
  • アイリス
  • ペチュニア
  • 勿忘草(わすれなぐさ)
  • 薔薇(ばら)
  • シラン
  • 大飛燕草(おおひえんそう)デルフィニウム

ピエール・ドゥ・ロンサール

塀や壁を這ってもらおうとしている子です。

とても美しい花を咲かせ、
毎年楽しませてくれています。

ピエール・ドゥ・ロンサールの花言葉は、
「温かい心」「愛を誓います」

良縁との出会いを感じ取り、活かすこと。

人との出会い、植物たちとの出会いも、
物や出来事との出会いにも、縁があります。

運命、縁を得た出会いは、
思考では理解できないほどの、
進捗を見せていきますし、
想像を超える相乗効果を生み出します。

植物たちは、その出会いを見つけることにも、
非常に長けていますね。

植物たちを見守ることで、
学べることのひとつに、
この運命や縁を感じ取れるようになることもあるでしょう。

人間は、植物たちを育ててあげている。
という感覚を持っていますが、
人間には見守ることしかできません。

これは、植物に限らず人間でもそうですが、
育てるのは自然です。

そういう感覚がありますので、
植物たちにも、人間の思考を押し付けがちですが、
植物たちが、どう育ちたいと思っているのか、
どんな出会いを求めていっているのかを、
手を加える前に、よくよく観察、感じることですね。

そして、できるだけ植物たちが育ちたい方向を活かして、
人間の思考自体を超えさせることが、
人間にとっては大切なことでしょう。

思考の範疇を超えること、
思い込みや、囚われている常識などを超えることを、
人間は極端に嫌いますが、
そういう方向にこそ、進化や創造の種子はあります。

良縁も、思考枠の中だけで考えていると、
驚くほどの縁や、大きな飛躍に結びつく縁に、
出会ったり、気づくことも稀なことになるでしょう。

縁は、縁があるので、
出会えるようにはなっていますが、
気づかないことには、出会えなかったり、
実際に活かすこともできませんね。

本来の良縁との出会いを妨げているのも、
人間の思考である場合が多いですね。

出来事の真意があります。
そこには、縁へ導くきっかけもあります。
ぜひ、全ての遭遇する出来事の中から、
そういう真意を感じ取ってください。
そして、感じ取ったものを実践して活かしてください。

それは、植物たちの真意を感じ取り、
それを活かしていくことから、
育める思感、感性です。

あなたの素晴らしい才能、能力は、
良縁との出会いを得て、
さらに磨かれ、飛躍していきます。

思考ではなく、思感で、
最適なタイミングでの出会いを感じて、
ますます、成長、進化を加速させてください。

今日も、素晴らしい縁に出会える、
素敵な一日になりますよ!

心ゆくまで感じ、愉しんでください。

今日の誕生花の薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールの花です。

今日の誕生花の薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサールの花です。

a:2105 t:2 y:2

コメント


認証コード6908

コメントは管理者の承認後に表示されます。