小さな折れた茎を挿していたカランコエが、花を咲かせようとしています

小さな折れた茎を挿していたカランコエが、花を咲かせようとしています。

小さな折れた茎を挿していたカランコエが、花を咲かせようとしています。

おはようございます。
昨日はまた、春の嵐の強風が吹きましたが、
今朝は穏やかな朝になりました。
嵐と穏やかさが交互にやってきて、
楽しませてもらえますね。
こんな自然のリズムも愉しんでいきたいですね!^^

今日は何の日? 3月4日

  • バウムクーヘンの日
    神戸のドイツ菓子製菓会社・ユーハイムが2010年に制定。
    1919年のこの日、広島県で行われたドイツ展示会で、
    同社を創業したドイツ人カール・ユーハイムが
    日本で初めてバウムクーヘンの製造販売を行った。

  • ミシンの日
    ミシン発明200年を記念して
    日本家庭用ミシン工業会(現在は日本縫製機械工業会)が
    1990(平成2)年に制定。
    「ミ(3)シ(4)ン」の語呂合せ。
    イギリスのトーマス・セイントが
    世界で初めてミシンの特許を取得したのは1790(寛政2)年だった。
    「ミシン」という名前は、 sawing machine(裁縫機械)の
    machineがなまったものである。

  • サッシの日
    サッシメーカーの吉田工業(現 YKK AP)が制定。
    「サッ(3)シ(4)」の語呂合せ。

  • 雑誌の日
    富士山マガジンサービスが2008(平成20)年に制定。
    「ざっ(3)し(4)」の語呂合せ。
    あわせて、3月・4月を「雑誌の月」とした。

  • さんしん(三線)の日
    沖縄県の琉球放送が制定。
    「さん(3)し(4)ん」の語呂合せ。
    三線は、蛇味線とも呼ばれる沖縄の楽器で、
    三味線の元となったとされている。

  • 酸蝕歯の日
    液体歯磨剤「シュミテクト」を販売するグラクソ・スミスクラインが制定。
    「さん(3)し(4)ょくし」の語呂合せ。
    酸蝕歯とは、食物中の酸によりエナメル質が侵食された歯のことである。

  • 三枝の日
    落語家の桂三枝にちなむ。
    2009年より毎年この日に大阪・なんばグランド花月にて
    イベント「三枝まつり」を開催している
    (6代目桂文枝襲名に伴い2012年で終了)。
    「さん(3)し(4)」の語呂合わせ。

  • 三姉妹の日
    女性ばかりの姉妹の中でもひときわ華やかで
    絆が強いとされる長女・次女・三女の三姉妹。
    その調査・研究を行っている三姉妹総合研究所が制定。
    3と4で「三姉妹」と読む語呂合わせから。

  • 円の日
    1869(明治2)年のこの日、
    明治政府が貨幣を円形として
    金銀銅の貨幣を鋳造する円貨の制度を定めた。

  • 赤黄男忌
    俳人・富沢赤黄男の1962(昭和37)年の忌日。

今日の誕生花 3月4日

  • 木苺 きいちご ラズベリー
  • 雛菊 ひなぎく デージー
  • アイスランドポピー
  • 口紅水仙 くちべにすいせん
  • 犬の陰嚢 いぬのふぐり
  • 山査子 さんざし

カランコエ

小さな折れた茎を挿していたカランコエが、花を咲かせようとしています。

別の鉢で育っていた子の、
葉に触れて、落ちてしまったところを、
別の鉢の中で挿していたら、
どんどん育ってきて、
いよいよ花を咲かせることになってきました。

カランコエの特性のようですが、
驚きですね。

今年も、たくさんの子が増えるように、
部屋の中にいますから、
少しだけ、手を貸してあげたいですね。

花が咲いてくるのが楽しみです。

カランコエの花言葉 ######

「幸福を告げる」「あなたを守る」「おおらかな心」
「人気」「人望」「たくさんの小さな思い出」
「ときめき」「幸せを作る」「柔軟性」
「切磋琢磨」「とっておきの」

日常に溢れている予兆を、どれだけ感じ取れるかだ!

小さな折れた茎を挿していたカランコエが、花を咲かせようとしています。

人間の身体にもあるように、
自然界の予兆は、見事に様々なことを教えてくれます。

その多くは、見過ごされているのですが、
この自然が授けてくれる予兆を、
少しでも多く感じ取ることができるようになると、
自然界の人生が、本当に面白くなってきますね。

予兆は、日常の何気ないところに、
なに食わぬ顔をして、当たり前にたくさんいます。

毎日、あるいは決まったように、
起こる現象の中にも、予兆が潜んでいることもあります。

起こることが当たり前のことでも、
タイミングが違ってくれば、
それが、とても不思議なことに、
なり得ることがあります。

そういうことを感じ取って、考え出すと、
自然界の不思議さも、未知の領域も、
無限の可能性も、実感していけるでしょう。

予兆を、もっとも身近に感じられるのは、
自分自身の身体のことですね。

自然界の全ての現象には原因があります。

その原理はいたってシンプルなのですが、
様々な原因が、複雑に絡み合って起こってくるので、
単純に思考で考えただけでは、
起こることを予測することは難しいでしょう。

ただ、物事が起こる際に、
全ての現象はエネルギーでもありますから、
必ず、起こるための予兆が現れます。

これを察知できれば、
起こることをあらかじめ、
また早い段階で認識することができます。

その予兆が、日常に溢れています。

どうぞ、今日も、
一日に起こる現象をつぶさに感じて、
そこに予兆が含まれていないかを、
感じ取るチャレンジをしてみてください。

思考で理解できないことほど、
予兆である可能性は高いですね。

予兆にいち早く気づくことができれば、
自然が告げてくれる幸せにも、
いち早く気づき、感じられるという、
素晴らしいことが起こってきます。

起こる全ての現象は、
最高のことしか起こりませんからね。

今日もたくさんの予兆を掴み、
最高に生かしていける、
素晴らしい一日になりそうですね!

予兆に溢れた自然界の貴重な一日を、
存分にお愉しみください!^^


コメント


認証コード4311

コメントは管理者の承認後に表示されます。