両毛地区の伝統野菜のかき菜の花芽が出てきました

両毛地区の伝統野菜のかき菜の花芽が出てきました。

両毛地区の伝統野菜のかき菜の花芽が出てきました。

おはようございます。
雨上がりの、暖かくてしっとりとした、
春の朝らしい夜明けになりました。
今日も春を感じながら、素敵な一日をお愉しみください。^^

今日は何の日? 3月7日

  • 消防記念日
    1948(昭和23)年のこの日、
    「消防組織法」が施行された。
    明治以来消防は警察の所管とされていたが、
    これにより、条例に従って市町村長が消防を管理する
    「自治体消防制度」となり、
    各市町村に消防本部・消防署・消防団の
    全部または一部を設置することが義務附けられた。
    これを記念し、2年後の1950(昭和25)年、
    国家消防庁(現在の消防庁)がこの日を消防記念日とした。

  • 東京消防庁開庁記念日
    1948(昭和23)年のこの日、
    「消防組織法」施行によって「東京消防本部」が
    警視庁から分離独立して誕生した。
    約2箇月後の5月1日に、警察組織の警視庁に合わせて
    「東京消防庁」と名称を変更した。
    なお、東京消防庁は東京都の行政機関であり、
    国の行政機関である消防庁とは別の物である。

  • サウナ健康の日
    日本サウナ協会が1984(昭和59)年に制定。
    「サ(3)ウナ(7)」の語呂合せ。

  • 警察制度改正記念日
    1948(昭和23)年のこの日、警察の制度が改正され、
    国家警察と地方自治警察が設置された。

  • メンチカツの日
    株式会社味のちぬやが制定。
    関西での呼び方「ミンチカツ」から、
    「ミ(3)ンチ(7)」の語呂合せ。

  • 教師の日 アルバニア

今日の誕生花 3月7日

  • 種漬花 たねつけばな
  • 二輪草 にりんそう
  • ムスカリ
  • カンパニュラ
  • ストック
  • 菜の花 なのはな
  • 蓮華草 れんげそう
  • 栗 ###くり

かき菜 かきな

両毛地区の伝統野菜のかき菜の花芽が出てきました。

この地域の春の旬の味のひとつ、
かき菜が、元気に育ってきています。

薹が立ってきた、
花芽を摘んで、茹でたりして、
いただくかき菜は、その苦味が、
とても美味しく、病みつきになりますね。

土地土地に伝統的な旬の野菜がありますが、
ぜひ、そういう野菜はしっかりと摂ってくださいね。

菜の花の花言葉 なのはな

「快活」「初々しい」「競争」
「財産」「豊かさ」「快活な愛」
「小さな幸せ」「豊かな財力」「元気いっぱい」
「協調性」「調和」「明るさ」

自然な静粛性を実現していくためのチャレンジもしていこう!

両毛地区の伝統野菜のかき菜の花芽が出てきました。

動きのある中だけでなく、
静かさの中にも、自然を感じていくことが、
人間界の現代社会では必要なことでしょう。

私たちは、あらゆる瞬間に、
様々な人工的な動きや音などの中にいます。

そういう自然の静粛性とは、
かけ離れた環境の中にいるからこそ、
それを調和させるために、
さらに、動きや音を上塗りしていくことを、
やらざるを得なくなっている現状もあります。

自然の静けさを実感していくと、
人工的な音などは、
雑音のようになって、
必要なくなってきます。

同様に、動きも、
自然に沿った、自然の理にかなったものになっていけば、
脚色は必要なくなってきて、
シンプルにその動き自体が、
幸せを届けられるものになっていきますし、
さらに洗練させていくことができます。

夢の実現のために、
多くの場合、様々な要素を付け加えていきますが。

ひとつひとつ、不自然なものを、
手放していくチャレンジも、
今の人間界には、必要不可欠なものでしょう。

どうぞ、今日も、
静粛性ひとつにも、
自然に近づいていくために、
深い追求があることを感じて、
その実現を、目指していってください。

静かさは、まさに今の人間界では、
手放していくことが必要なものですね。

水を打ったような、自然な静けさが、
どれほど、人間の心や身体に、
素晴らしい影響を与えるかを、
実感できる今日も、
未来の可能性が大きく感じられる、
素敵な一日になりますね!

今日も存分に、
不自然を手放すことをお愉しみください。


コメント


認証コード5156

コメントは管理者の承認後に表示されます。