木瓜(ぼけ)の蕾も大きく膨らんできました。

木瓜(ぼけ)の蕾も大きく膨らんできました。

木瓜(ぼけ)の蕾も大きく膨らんできました。

おはようございます!
紅い朝焼けから、白熱灯のような朝陽が昇ってきた、
素敵な夜明けになりました。

今日2月13日は、

  • 苗字制定記念日
    1875(明治8)年のこの日、明治政府が「平民苗字必称義務令」という
    太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務附けた。
    江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけだったが、
    1870(明治3)年9月19日に出された「平民苗字許可令」により、
    平民も苗字を持つことが許された。
    しかし、当時国民は明治新政府を信用しておらず、
    苗字を附けたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、
    なかなか苗字を名乗ろうとしなかった。
    そこで明治政府は、1874(明治7)年の佐賀の乱を力で鎮圧するなど
    強権政府であることを誇示した上で、この年苗字の義務化を断行した。

  • 地方公務員法施行記念日
    1951(昭和26)年のこの日、「地方公務員法」が施行された。

今日の誕生花は、

  • 草葦(くさよし)カナリーグラス
  • 薄雪草(うすゆきそう)エーデルワイス
  • スイートピー
  • フリージア(紫)
  • ローダンセ
  • 岩蓮華(いわれんげ)
  • 雲竜柳(うんりゅうやなぎ)
  • 大紅団扇(おおべにうちわ)アンスリューム
  • マリーゴールド

季節の変わり目特有の、
寒暖差や、雪などもお構いなしに、
植物たちの芽吹きは、どんどん進んでいます。

この先見、察知があるからこそ、
春の暖かさを実感する頃には、
満開の美しい花を魅せてくれるのですね。

木瓜の花言葉は、
「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」

植物たちには、日々様々なことを気づかせてもらえますが、
その気づきの感覚は、日常のあらゆる場面で、
活用できるものでしょう。

もちろん、植物たちとは、
人間の言葉で会話はできませんが、
現象を見てわかってしまったり、
何も現象はなくても、わかってしまいます。

植物たちとの交流では、
それが、まるで会話をしているような、
感覚になっていきます。

この「わかってしまう」感覚が、
日常の中の気づきや、
閃きなどを感じる感覚にも通じます。

思考で考えて理解するのではありません。
わかってしまったことを、
思考で理解するという感じでしょうか。

思考と閃きの違いを感じ分けたり、
潜在領域が感じたことと、思考で考えたことの違いを、
感じ分けることは、
夢へのチャレンジや、夢の実現に必要なエネルギーとの同調、
そして、夢の実現を引き寄せていくためにも、
また、才能、能力を飛躍的に進化させていくためにも、
非常に重要なことになります。

原因があって、結果がある自然界では、
全ての現象が不思議なことではありません。

単に思考で考えが及ばないか、
まだ、人間が解明できていないだけです。

そして、その思考で理解できないことの中にこそ、
思考と思感の違いを感じ分けられるようになる、
大切な要素がちりばめられています。

日常の中にも、
不思議なことはたくさん起こっています。

思考で理解できることは、
それほど多くのことを学ぶことはできませんから、
こういう不思議なことにこそ、心を向けて、
思考では理解できないことですから、
思考を手放して感じてみることですね。

そうすると、わかってしまう感覚が、
掴めるかもしれません。

人間界で起こる現象より、
植物たちに気づかせてもらうことの方が、
やはり、遥かに心はキャッチしやすいので、
植物たちを感じることを毎日実践して、
その感覚を感じて、日常を感じてみる方が、
早くその感覚を活用することができるようになりますが、
日常の中にも、感性を研ぎ澄ます材料は、
ふんだんに用意されています。

どうぞ、今日も、
植物たちとの交流と、
日常の中の不思議を感じることに、
ぜひチャレンジしてみてください。

わかってしまう感覚は、
あなたの潜在領域を感じることにもなりますから、
あなたの可能性や未知の能力を信じることにも繋がります。

夢の実現には、自信を持つことがとても大切です。

自信には根拠は必要ないのですが、
根拠になり得る、あなたの可能性を感じられたら、
もっともっと、自信に漲ったチャレンジができますね。

植物や不思議を感じることが、自信に繋がっていく。
何とも楽しみな一日に、今日もなりそうですよね。

どうぞ、二度とない今日を存分にお愉しみください!^^

木瓜(ぼけ)の蕾も大きく膨らんできました。

木瓜(ぼけ)の蕾も大きく膨らんできました。

a:2152 t:2 y:2

コメント


認証コード5013

コメントは管理者の承認後に表示されます。