衝羽根朝顔、ペチュニアの花です

衝羽根朝顔(つくばねあさがお)ペチュニアの花です。

衝羽根朝顔(つくばねあさがお)ペチュニアの花です。

おはようございます!
小暑の朝も、涼しい朝になりました。
夏の暑さを堪能できる季節も、もうすぐですね。

今日は何の日? 7月7日

  • 小暑(しょうしょ)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が105度の時で、
    梅雨明けが近づき、暑さが本格的になるころ。

  • 七夕,七夕の節句
    旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して
    棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから
    「棚機」という言葉が生まれた。
    その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、
    棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられた。
    これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた
    織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が
    年に一度の再会を許される日とされた。

  • ゆかたの日
    日本ゆかた連合会が1981年に制定。
    七夕の日、女の子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、
    裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事に因んで。
    若い人たちにも、ゆかたの美しさを見直し
    親しんでもらうきっかけにしてもらおうという狙いもある。

  • 川の日
    建設省(現在の国土交通省)が近代河川制度100周年にあたる1996年に制定。
    七夕伝説の天の川のイメージがあり、7月は河川愛護月間であることから。

  • 竹・たけのこの日
    全日本竹産業連合会が1986年に制定。
    日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で
    「竹取物語のかぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」
    という話になり、この日に決定された。

  • 乾麺デー
    全国乾麺協同組合連合会が1982年に「制定」。
    七夕の日に素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。

  • ギフトの日
    全日本ギフト用品協会が1987年に、
    同協会が社団法人化されたことを記念して制定。
    七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。

  • 香りの日
    全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991年に「制定」。
    七夕にちなみ「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進のために提唱された。

  • 冷やし中華の日
    この日が二十四節気の小暑となることが多く、
    夏らしい暑さが始るころであることから。

  • エンゲージメントデー
    エンゲージメント・プロジェクトが2012年に「制定」。七夕にちなみ、
    「一年に一度、大切な人との結びつきを思い出し、
    あらためて伝え、願い、それを重ねていく日」とした。

  • ラブ・スターズ・デー
    銀座と有楽町のデパート7店が1988年に、
    七夕の日を「ラブ・スターズ・デー」と命名して共同宣伝をした。

  • サマーラバーズデー
    新宿地区のデパートが1990年に制定。
    七夕に因んで意中の人にプレゼントをする日。

  • サマーバレンタインデー
    サマーバレンタイン実行委員会が1986年に制定。

  • ポニーテールの日
    日本ポニーテール協会が1995年に制定。
    7月7日が「七夕」「ゆかたの日」であり、
    ポニーテールが浴衣に似合うこと等から。

  • カルピスの日
    1919年のこの日、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売した。

  • 世界遺産の日
    2005年3月に制定された「世界遺産条例」で定められた記念日。
    2004年のこの日、紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産に登録された。

  • 独立記念日(ソロモン諸島)
    1978年のこの日、南太平洋のソロモン諸島がイギリスから独立した。

  • サバ・サバ(タンザニア)
    1954年のこの日に、長らく同国の政権与党となっている
    タンザニア革命党の前身のタンガニーカ・アフリカ民族同盟 (TANU) が
    結成されたことを記念。
    「サバ」はスワヒリ語で7のことである。
    当初は農業国タンザニアの農民を賛える祝日であったが、
    現在は商業・産業振興の祝日となっており、
    この日を中心に旧首都のダルエスサラームで国際貿易博覧会が開かれる。

  • 秋桜子忌
    俳人・水原秋桜子の1981年の忌日。

今日の誕生花 7月7日

  • 酸塊(すぐり)
  • 未容柳(びようやなぎ)
  • アベリア
  • 梔子(くちなし)
  • アゲラタム
  • 房酸塊(ふさすぐり)
  • エノテラ
  • 睡蓮(すいれん)
  • 鬼灯(ほおずき)

衝羽根朝顔 つくばねあさがお ペチュニア

原産地は、ブラジル、アルゼンチンの子です。

鉢の中で、育っている子ですが、
来たときは枯れそうな感じでしたが、
元気に花をたくさん付けて、楽しませてくれています。

ペチュニアの花言葉

「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心がなごむ」「心のやすらぎ」
「変化に富む」「あなたといると心が静まります」「苦労の成果」

環境の変化を全て 自分の進化に繋げる奥義とは

今日も、変化に富む自然界では、
昨日までには、考えられなかったことが、
必ず起こってきたり、その兆候が見えてきたりするでしょう。

その変化を、大いに愉しみ、
自分自身の変化、進化にも活用していきたいですね。

自然界は常に変化していますから、
そこで暮らす人間も、もちろん変化し続けることで、
生命を維持でき、成長、進化を実現しています。

しかし、その自然界の変化に沿えなくなると、
途端に大きなストレスに苛まれることになります。

多くの場合、変化することで、
ストレスを感じているような錯覚を持っていますが、
そうではなく、変化に柔軟に順応できずに、
変化と、それを受け入れるキャパシティや柔軟性が足りずに、
変化との心身の摩擦が大きくなっているだけです。

それを、勘違いして、
変化することを嫌ったり、
それがストレスの原因だと思い込んでしまって、
どんどん頑なになってしまって柔軟性が失われ、
ストレスが加速して増えているのが現状でしょう。

変化することが自然です。
変化の波に上手に乗れて、揺られることは心地良いものです。

心身を硬くして、波に乗れず、
ぎくしゃくした状態では、
ストレスを感じることはもちろんのこと、
能力を存分に発揮することもままならないでしょう。

自然界のエネルギーの変化の波に上手に乗るには、
しっかりと根を張ることです。

根が強固に張れるほどに、
地上部の揺れに対応するキャパシティは高まります。

自然界の波は、人間にコントロールできるものでも、
それに逆らっていけるものでもありません。

一旦、その波に遭遇したら、
同調していくか、身を任せてしまうしかありません。

同調していくのと、
なす術なく身を任せてしまうのとは、全く違います。

ここのところもしっかりと把握しておかないと、
単に流れや波に流され、のみ込まれるだけで、
結局、大きなストレスを感じることにもなってしまいます。

根を張るとは、夢や思いに心を繋ぐことです。
しっかりと張るとは、何があっても途切れることがないように、
夢に心を繋いでおくことです。

この繋がりが強くなるほどに、
大きな波にも、対応できるものになっていきます。
これが、キャパシティが大きくなるということですね。

この根が張れていないと、
ただ、流れや波に流され、のみ込まれるだけになります。

上手に波乗りをするのと、漂流するのとは違います。

そして、しっかりと自然界で結ぶべき夢と繋がっていないと、
その根は、簡単に波によって、千切られてしまいます。

どうぞ、今日も、
自ら変化、進化し続けるために、
環境の変化を、上手に活用できる奥義を、
しっかりと身に付けてください。

どんなに大きな変化でも、
それに対応する準備さえできていれば、
全てを、あなたの進化に繋げることができます。

大きな自然界や、環境の変化ほど、
ワクワクすることになるでしょう。

大変化を大チャンスと捉えられる強かさで、
今日も存分にお愉しみください!^^
今日もいい日になりますよ。

今日の名言はこちら!
今日の成功法則はこちら!
浜本哲治のメールマガジンはこちら!
浜本哲治の書籍一覧はこちら!
自然塾はこちら!

コメント


認証コード5629

コメントは管理者の承認後に表示されます。