ふたりの夏物語 杉山清貴&オメガトライブ

今日も、上質な休息、睡眠を意識してチャレンジできた、
素敵な一日になりましたね!

今日は、西原順二さんにリクエストいただいた、
杉山清貴&オメガトライブさんの「ふたりの夏物語」です。
西原さん、素敵な曲をありがとうございます!^^

あなたのお好きな夏曲を、ぜひ教えてください。

人間界のローカルルールではなく、
自然界のルールに沿う 快適さに気づくことだ

自然界の水は、姿を変えて常に循環しています。

汚してしまった水も、
自然の循環の中で、清められ、
また、命の水へとなっていきます。

ここで大切なことは、自然の中で循環させることです。
その循環を滞らせないことです。

そして、大切なものほど循環させて、
大きくしたり、洗練させたりして進化に結びつけていくことですね。

どうも人間は、大切なものほど、
独り占めして、循環させないようにして、
結局自ら苦しむことになっています。

自然界の中では、人間は何も所有しているものはありません。
全ては自然に預かっているもので、
いつかは、全て自然に戻さなければなりません。

自分の身体でさえ、預かり物ですね。

期限付きで預かったものを使って、
何をするのも自由なのですが。

自然界全体を見ると、常に変化し、進化していますから、
その自然界の有り様を感じて、実践、検証してみると、
それに貢献していくことが、自然界で暮らすには、
最も愉しく、充実して過ごせる方法でしょうし。

また、個の進化が、全体の進化になっていく自然界で、
存在できる者の、役割、使命は間違いなく、そこにありますね。

人間界の苦悩は、人間界の中だけで考えようとすること、
自然は人間のためにあるというような発想から発生しています。

ここから離脱していかないと、
全てが付け刃的なことにしかならず、
本来の自然界の自然な進化には貢献できません。

何を怖れているのか、人間界は、
今までの路線を踏襲していかないと、
不幸になってしまうような、
強迫観念にも似た、発想に翻弄されています。

どんな状況になっていようとも、
自然界で生きていく、過ごしていくのに、
最も愛を受け取れる方法は、
自然界のルールに同化していくことです。

胃に穴があくような、ストレスで健康を損なうような、
日々になっているとしたら、
それは、自然の循環の中に入ることができていない証拠だと、
考えてもいいでしょう。

人間社会や環境の影響と考えてる傾向にもありますが、
社会や環境は、一人ひとりの言動の結果であり、
個の投影が全体ですから、自分自身の問題ですね。

また、人間界の大きな流れが、どんなに間違った方向に進んでいても、
個々が、その流れではなく、自然界の循環、流れに沿うことは、
簡単にいつでもできますし、それが最も充実した生き方、
快適な生活、暮らしになっていく方向になりますね。

どうぞ、明日も、
何が自然界の自然の流れ、循環なのかを、
よくよく感じ取って、その方向に進むことを実践してください。

今の人間界では、自然が何か、
自然の流れ、循環が何かがわからなくなっていますから、
そこに気づくことが、まず何よりも大切です。

夢の実現、最も快適な暮らしの実現が、
簡単にできる、自然に沿うことだとわかってしまうと、
後はトントン拍子に進んでいきます。

ぜひ、いつまでも苦しむことばかりの、
人間界のローカルルールの中での、
それに縛られた生活から卒業してください。

明日にでも、大きなステップアップを予感させる、
自然への気づきが、きっとありますよ!

間違いなく明らかな進化を感じられる、
自然界の生活を手にする快感を、明日もお愉しみください。

今日も最高の一日をありがとう!^^



杉山清貴 & オメガトライブふたりの夏物語



今日の名言はこちら!
今日の成功法則はこちら!
浜本哲治のメールマガジンはこちら!
浜本哲治の書籍一覧はこちら!
自然塾はこちら!

コメント


認証コード9664

コメントは管理者の承認後に表示されます。