さよなら夏の日☆山下達郎

今日も、日常の中で思感トレーニングに取り組めた、
素敵な一日になりましたね!

今日は、山下達郎さんの「さよなら夏の日」です。

あなたのお好きな夏曲を、ぜひ教えてください。

自然界で真の意味で大人になることと、
人間界のそれは大きく意味が違っています

自然界で大人になっていくということは、
本来は進化していくことでしょう。

これも、人間界では、少し自然とは違うように捉えられているようです。

人間界の分別がつくようになることが、
大人になるように言われますが、
たぶん自然界から見ると、
まるで逆走しているかのようなものかもしれませんね。

例えば、自然界では、自然の循環に上手く乗れるようになること、
妨げないようになることが、大人になること、進化していくことですが。

人間界では、俗に言われる大人になるほどに、
自然の循環を崩し、自然を破壊することも多くなっていきます。

これは、人間界の中でも、
例えば片付けができるようになることが、大人になるのと、
似たようなところですが、まさに逆走しているがわかるでしょう。

自然の尺度と照らしてみて、
人間界の通俗で考えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

このことに気づかずに、
単に人間界の大人になることを目指し続けることは、
人間界にとって、とても危険なこととも言えるでしょう。

年齢を重ねるほどに、夢をイメージすることができなくなったり、
夢にチャレンジすることがなくなっていくのも、
まさに自然界の進化の方向、大人になる方向とは、
逆に向かっていることになるでしょう。

そろそろ、二度と巡って来ない、2014年の夏も終わりそうですが、
季節が巡るほどに、本当の大人、進化していけるように、
自分自身と向き合って、チャレンジしていってください。

ひとことで言えば、自然に沿う、自然を知ることですが。
それは、あらゆる場面で必要なことです。

自然に沿っていなくて、自然界では大人になるどころか、
子ども返りしているような、人間界の大人が増えているようです。

どうぞ、明日も、
自然界の真の大人を目指して、チャレンジしてください。

様々な本質に気づけることも、大人としての要件でしょうが、
今の人間界では、本質を見極めているのは、子どもの方で、
人間界の大人になるほどに、本質に気づけなくなったり、
気づいていても無視するようになってきます。

自然界で大人になることは、どんどん真の意味で自由になることです。
自然界の子どもは、まだまだ縛られることが多く、
真の意味での自立ができない状態ですが、
自然界の中での人間界は、
子どもから、さらに小さな子どもになっているような状態であることに、
ぜひ気づいてください。

真の大人になることへのチャレンジが、
どれほど痛快で、心地良く、人生を謳歌していることを実感できることか、
これこそ、大人の味は、大人にならないとわからない。の言葉のように、
自然界の大人になってみることです。

自然界と人間界の大人の領域の大きな違いを実感できる明日も、
きっと素晴らしい一日になりますね!

今日も素敵な一日をありがとう!^^



TREASURES


福山雅治さん のバージョンです



コメント


認証コード4596

コメントは管理者の承認後に表示されます。