今日の誕生花の、茗荷の花です

今日の誕生花の、茗荷(みょうが)の花です。

今日の誕生花の、茗荷(みょうが)の花です。

おはようございます!
肌寒いくらいの朝になりました。
短い夏同様に、短い秋も堪能していきたいですね。

今日は何の日? 9月2日

  • 宝くじの日
    第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)宝くじ部が1967年に制定。
    「く(9)じ(2)」の語呂合せ。
    当選しても引き換えられず時効となってしまう宝くじが多いことから、
    時効防止のPRの為に制定された。
    はずれくじの敗者復活がある。

  • くつの日
    銀座の婦人靴専門店「ダイアナ」が1992年に制定。
    「く(9)つ(2)」の語呂合せ。

  • 対日戦勝記念日(VJデー) (連合国各国)
    1945年のこの日、日本が降伏文書に調印し第二次世界大戦が終結、
    連合国が日本に対して勝利した。

  • 国慶節 ベトナム
    1945年のこの日、ベトナム民主共和国(北ベトナム)が独立を宣言した。
    この年の8月15日まで日本の庇護の下のベトナム帝国であったが、
    日本の敗戦とともにホーチミンが全国総蜂起を起こし、
    皇帝バオ・ダイが退位、日本の降伏文書調印と同じ日に独立宣言を行った。

  • 独立記念日 沿ドニエストル共和国
    1990年のこの日、モルドバからの独立を宣言。
    2010年現在、国家として承認しているのは
    アブハジアと南オセチアのみである。

  • 天心忌
    美術評論家・岡倉天心の1913年の忌日。
    東京美術学校の校長を務め、日本美術院の創立などに尽力した。

今日の誕生花 9月2日

  • 鶏頭 けいとう
  • アマリネ
  • マリーゴールド
  • チューベローズ
  • ツルコベア
  • 茗荷 みょうが
  • 瑠璃茉莉 るりまつり

茗荷 みょうが

今日の誕生花の、茗荷(みょうが)の花です。

今日の誕生花なので、
雨上がりの庭の、茗荷が育っている塀際を散策してみると、
薄いクリーム色の茗荷の花が、たくさん咲いていました。

とても幻想的な花を咲かせる子です。

毎朝色んな発見させてくれる植物たち。

素敵な刺激に感謝しきりです。

茗荷の花言葉 みょうが

「忍耐」

人間の科学では、検知できない領域も、
あなたの脳は感じ取っています

今日の誕生花の、茗荷(みょうが)の花です。

新たな発見の刺激ほど、素晴らしい刺激はありません。

特に自分を新発見できることは、とても大きなエネルギーになりますね。

苦境に立たされた時、追い込まれた時などには、
ジタバタしても仕方ありませんが、
単に何もせずに、守りの忍耐に入ってしまっても、
状況はなかなか好転してはいきません。

単純な忍耐のエネルギーを消費するのであれば、
その状況下での、新たな自分を発見していくことに、
エネルギーを使った方がいいでしょう。

いつもと違う状況に遭遇した時ほど、
新たな自分を発見しやすいものですし、
追い込まれた状況ほど、
通常は隠されていて見えなかったり、感じられたりできない、
潜在領域の情報や能力が見えやすく、感じられやすくなっています。

もちろん、潜在能力を引き出していくにも、
それに気づいていくにも、リラックスして、思考を手放すことが肝要です。

そして自分の発見は、目に見えないものを引き出していったり、
目に見えないほどの変化を感じて、発見していくことになります。

この能力、感性を高めていくには、
やはり、自然を相棒として、
日々トレーニングさせてもらうのがいちばんですね。

植物たちの変化を感じていくことですが、
蕾が花開くなどの現象から始まって、目に見える変化から、
さらには、明らかな違いは、五感では感じられない変化を、
感じ取っていくところまで、
それぞれの段階に応じて、
自然にはトレーニングしてもらえるようになっています。

最終的には、植物たちの微細なエネルギーを感じ取って、
交流、会話ができるようになっていけば、
自分自身の中の変化や、人間のエネルギーの変化などは、
容易く感じ取れるようになるでしょう。

微細なエネルギーを、感じ取り、感じ分けられるようにしていくには、
たぶん、今の人間界では認識できないエネルギーを感じ取ることですから、
あなたの脳だけが頼りになります。

便利な世の中になっていますから、
例えば変化などを、写真などの記録を残して、
その違いを探そうとしがちですが、
これでは、感性のトレーニングにはあまり意味はありません。

何が違っているのかわからない、でも、確実に変わっている。
という部分を、脳、感性、思感で感じ取ることです。

それを繰り返しているうちに、何が違っているのかを、
例えば人間の造った、電子顕微鏡でも、
その違いを認識できないような変化をも、
あなたの脳でキャッチできるようになります。

こういう領域が、達人の領域ですね。

人間の脳は、誰もが、この達人の領域のレベルのものを持っていますし、
その能力は使われています。

そうでなければ、人間界はもちろん進化することはできませんね。
人間の科学で認識できる範囲しか感じられないとすれば、当然のことです。

人間が、絶妙なバランスを取って、なぜ生きられているかも、
人間には解明できていませんが、事実生きられていますからね。

科学を超えた領域を感じ取ることはできます。

ただ、今の人間界の状況では、
目に見えるもの、科学で検知、認識できるものが
全てのような状態で過ごしていますから、
感性は退化していると言わざるを得ないでしょう。
その証しが、争い、病が増え続けている現状と言ってもいいでしょう。

どうぞ、今日も、あなたの素晴らしい脳を、
もっともっと信頼してあげて、
どんどん科学を超えた領域を感じ取っていくことにチャレンジしてください。

それを、自然の植物たちが、丁寧に、確実に磨き込んでくれます。
人間同士では難しいかもしれませんね。

そこにある素晴らしい能力に気づき、磨いていくだけです。
それが少しでも進んでいけば、達人の域のパフォーマンスにも、
どんどん近づいていけることになっていきます。

感じ取る能力は、全てに通じる能力ですからね。

微細な違いを、感じ取れるようになったり、
すでに感じ取っているものを、感じ分けられるようになっていく今日も、
素晴らしい一日になりますね!

あなたの達人レベルの能力を、存分にお愉しみください!^^


コメント


認証コード7663

コメントは管理者の承認後に表示されます。