今日の誕生花の西洋桜草、プリムラは、相変わらず元気に咲いています

今日の誕生花の西洋桜草(せいようさくらそう)プリムラは、相変わらず元気に咲いています。

今日の誕生花の西洋桜草(せいようさくらそう)プリムラは、
相変わらず元気に咲いています。

おはようございます!
寒さの頂点付近では、いつも厳かさを感じますね。
素敵な朝が、静かに明けてきました。
今日も素晴らしい一日が始まりますね!

今日は何の日? 1月18日

  • 118番の日
    海上保安庁が2011(平成23)年から実施。
    海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を
    広く知ってもらうための活動が行われる。

  • 都バスの日
    1924年1月18日に東京市営乗合バスが営業を開始したことに由来し、
    東京都交通局が制定。

  • 振袖火事の日
    1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、
    死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。
    この大火は「振袖火事」とも呼ばれる。これは次のような話による。
    上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、
    花見の時に美しい寺小姓を見初め、
    小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、
    毎日寺小姓を想い続けた。そして、恋の病に臥せったまま
    明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。
    寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払った。
    その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡ったが、
    それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡した。
    振袖は再び古着屋の手を経て、
    麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、
    おたつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなった。
    おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、
    三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにした。
    しかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、
    突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、
    それが燃え広がって江戸中が大火となった。

  • 初観音
    毎月18日は観音(観世音)菩薩の縁日で、
    一年最初の縁日は「初観音」と呼ばれている。

  • タイ王国軍の日 タイ

今日の誕生花 1月18日

  • 浮釣木 うきつりぼく
  • 西洋桜草 せいようさくらそう プリムラ
  • 三色菫 さんしきすみれ パンジー
  • 山茱萸 さんしゅゆ
  • 浮釣木 うきつりぼく
  • パフィオペディラム
  • フリージア
  • インディアンメロウ
  • 胡蝶蘭 こちょうらん ファレノプシス
  • ラナケリア

西洋桜草 せいようさくらそう プリムラ

今日の誕生花の西洋桜草(せいようさくらそう)プリムラは、相変わらず元気に咲いています。

「先駆け」の意味のあるプリムラは、
まさに、春を呼んでいるかのように、
寒さの頂点の中でも、元気に咲いています。

得意を最大限に活かしていけば、
すべてはエネルギー、推進力になることは、
本当に、植物たちを見ていると実感できることですね。

寒さも嬉々として、エネルギーに変えて、
美しい花を花を咲かせる子が、ここにいます。

プリムラの花言葉

「永続する愛情」「富貴」「神秘な心」「運命を開く」
「可憐」「うぬぼれ」「無言の愛」「可憐な生き方」
「美の秘密」「一目惚れ」「陽気」「上機嫌」

運命は常に開いています。
それを感じ取るだけです!

今日の誕生花の西洋桜草(せいようさくらそう)プリムラは、相変わらず元気に咲いています。

運命は開いていくものですね。

それも最適なタイミングで、
最高の運命が開いていきます。

運命は、上手くいくという開き方も、
上手くいかないという開き方もあります。

どちらも、最高の運命との遭遇です。

自然界に生を与えられたものは、
授かったただひとつの脳、能力、身体がありますから、
それぞれに、自分にしかできない使命があります。

運命は、その方向に導くように開いていきます。

今日も遭遇する出来事は、
全て、運命だと感じて間違いありません。

同じことをしたとしても、
それぞれに、同じ結果や、
感じ方が現れてくるわけではありませんからね。

そして、運命を明確に感じていくには、
目指す地点、方向を明確に決めて、
一目散に、そこに向けて進んでいくことです。

当てもなく彷徨ったり、
あちこちにフラフラと、
焦点の定まらない進み方をしていると、
起こる現象から、真意、運命、向かうべき使命などを、
感じ取ることは難しくなります。

限られた時間しか与えられていませんから、
運命を敏感に察知して、
使命には、最短で向かい、
どこまでも深く、果たしていくことが、
自分自身のためにも、多くの人や存在のためにもなります。

自分の使命が何かなどは、
あまり思考で考えても意味はありません。

それよりも、一刻も早く、
自分で到達したいと考える、感じるところを目指して、
チャレンジを始めていくことです。

そうすることで、運命が発動してきて、
必ず、使命には向かわせてくれます。

どうぞ、今日も、
今、目指している夢に、
全力で近づこうとしてください。

全力であるほど、エネルギーが大きいほどに、
当然、運命も大きなものになって、
使命に誘ってくれます。

そして、遭遇したすべての出来事から、
運命、真意を感じ取ってください。

これを感じ取ることが、
日々の本当に愉しい作業になるでしょう。

暗号を解読しているようなものですからね。

そして、その解読が的を射ていると感じられたときほど、
痛快なことはないでしょう。

運命は常に開いています。
それを道標として感じ取るだけです。

全てに素敵な運命を感じられる今日も、
開運成就を感じられる、素晴らしい一日になりますね。

すべての開運をお愉しみください。^^


コメント


認証コード4027

コメントは管理者の承認後に表示されます。