今日の誕生花の紫羅欄花、ストックも寒さと戯れて楽しそうです

今日の誕生花の紫羅欄花(あらせいとう)ストックも寒さと戯れて楽しそうです。

今日の誕生花の紫羅欄花(あらせいとう)ストックも
寒さと戯れて楽しそうです。

おはようございます!
大寒の今日は、エネルギーの一瞬の凪や、
明らかに方向が変わり始める変化を感じたいですね。
さっそく、早朝に一瞬の凪を感じてしまいました。
このとても神秘的な感覚は、日常のあらゆる場面でも、
本来感じていることです。
自然のそれは、エネルギーが大きいだけに、
インパクトも大きいですね。
そして、朝はまだ色んなエネルギーが動き出していないので、
感じやすいです。
今日も素晴らしい一日になりますね!

今日は何の日? 1月20日

  • 大寒 だいかん
    二十四節気の1つ。
    太陽の黄経が300度の時で、寒さが最も厳しくなるころ。

  • 二十日正月
    正月の最後の日として納めの行事を行う。
    正月に食べた魚の骨や頭までも食べ尽くすことから、
    骨正月・頭正月と呼ぶ地方もある。

  • 玉の輿の日
    1905(明治38)年のこの日、
    アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、
    ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚した。
    お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた。

  • 海外団体旅行の日
    1965(昭和40)年のこの日、日本航空が海外団体旅行
    「ジャルパック」を発売し、海外団体旅行がブームとなった。

  • 殉教者の日 アゼルバイジャン
    1990年のこの日、独立運動中のアゼルバイジャンの首都バクーに
    ソ連軍が侵攻し、約130人の市民が殺害された。

  • レーニン・デー
    旧ソ連の基礎を築いたレーニンの1924年の忌日。

  • 乙字忌
    俳人・大須賀乙字の1920(大正20)年の忌日。
    新傾向俳句運動のロ火を切ったが、後に伝統を尊重する側に変った。

  • 暁臺忌
    俳人・加藤暁臺の1792(寛政4)年の忌日。

  • 義仲忌
    源義仲(木曾義仲)の1184(元暦元)年の忌日。
    兄・頼朝の命を受けた範頼・義經の軍と近江・粟津原で戦い、敗死した。

今日の誕生花 1月20日

  • 金鳳花 きんぽうげ
  • 銀扇草 ぎんせんそう
  • 椿 つばき
  • デンファレ
  • ラナンキュラス
  • 雪割草 ゆきわりそう
  • アスパラガス
  • ストック

紫羅欄花 あらせいとう ストック

今日の誕生花の紫羅欄花(あらせいとう)ストックも寒さと戯れて楽しそうです。

ストックの和名の、紫羅欄花(あらせいとう)は、
「荒世伊登宇」とも書かれるようですが。

この名前の由来は、
葉が、毛織物の一種の「ラセイタ」に似ていることから、
それが転訛したようですね。

寒さと戯れながらが、ピッタリのストックは、
今年も冬の庭を彩って、楽しませてくれています。

ストックの花言葉

「愛の絆」「真面目」「永遠の美しさ」
「豊かな愛」「愛の結合」「単純」
「素朴」求愛」「逆境に堅実」

  • 赤「私を信じて」
  • 黄「さびしい愛」
  • 白「思いやり」

季節のエネルギーの変化から、
能力を引き出すコツを掴んでください!

今日の誕生花の紫羅欄花(あらせいとう)ストックも寒さと戯れて楽しそうです。

物を投げようとする時、
ジャンプしようとする時を、
感じてみるとわかりますが。

より高く、遠くに、
また強く、速く動かすために、
屈みこんだり、反対方向にエネルギーを蓄積しますが。

その頂点では、一瞬の静止があった後に、
それまでの蓄積を一気に放出して、
飛び出させていきます。

ここで、持てる能力の最大を引き出したり、
蓄積したエネルギーを、存分に活用するには、
やはり、余計な力を入れないことが肝要です。

ここから先に、力を入れると、
それは、即、動きの失速に繋がってしまいます。

どの場面、局面でも、
心身の緊張を高めることは、
能力の発揮にブレーキをかけてしまいますが。

特に、この局面は、即座に結果として現れてきます。

しかし、意外とこの局面から、
力を加えていこうとするケースを、
本当によく見かけます。

あまり経験のない人と、
達人の違いの、もっとも大きなところでしょうか。

見た目には、もっとも見える部分、
華々しい部分ですので、
ここを力の入れどころと、
あまりよくわかっていない人が、
力を入れてしまうところですね。

たぶん、あなたの専門分野でも、
初心者の方に感じるズレが、
この部分でしょう。

そこで力を入れては、上手くいかない。
もったいない。

これは、日常の中でも、
あらゆるチャレンジの中でも、
見事に働いている、自然界の本質です。

この局面は、一切の力をどれだけ抜けて、
どれだけ蓄積したエネルギーを、
持てる能力の最高を、
そして、潜在的な能力まで、引き出せるかです。

思考も一切必要はありません。
この局面で、思考を働かせるようでは、
その時点で、失速しています。

自分では、力を抜いているようでも、
まだまだ多くの余計な力は入っているものです。

この力を抜くことにも、終わりはありません。
究極だと考えた地点に到達しても、
さらに先があるのは、夢や才能の追求と同じですね。

どうぞ、今日も、
季節の頂点のエネルギーの凪、
反対方向に動き始める変化を、
全身で感じ取ってみてください。

そういうエネルギーを感じ取る能力が、
すべての存在がエネルギーの自然界では、
最も大切な能力になります。

自然のリズムを掴み、乗っていくためにも、
重要なことになりますね。

まだまだ、あらゆる場面で、
余計な力が入っていることを感じられ、
少しでも、さらに力を抜ける感覚を掴めることほど、
痛快な感覚はありません。

自然のエネルギーを感じ、
能力のさらなる最高を引き出すきっかけになる、
今日は最適な一日になりそうですね!

存分にお愉しみください。^^


コメント


認証コード1926

コメントは管理者の承認後に表示されます。