今日の誕生花、花咱夫藍、クロッカスも芽吹いてきました

今日の誕生花、花咱夫藍(はなさふらん)クロッカスも芽吹いてきました。

今日の誕生花、花咱夫藍(はなさふらん)クロッカスも芽吹いてきました。

おはようございます!
昨日の日中は、すっかり春の陽気でした。
三寒四温を繰り返しながら、春を迎えていきそうですね。
今日も素敵な一日が始まりますね。

今日は何の日? 2月24日

  • 鉄道ストの日
    1898(明治31)年のこの日、日本初の鉄道ストライキが実施された。
    日本鉄道会社の機関士ら400人がストライキに突入し、
    上野~青森の列車が運休した。

  • 月光仮面登場の日
    1958年のこの日、ラジオ東京(現在のTBSテレビ)で
    国産初のテレビ映画『月光仮面』のテレビ放送が始まったことにちなむ。

  • クロスカントリーの日
    1977(昭和52)年のこの日、原野・森林等にコースを設定して
    走る競技・クロスカントリーの、
    統一ルールによる初めての大会がイギリスで開催された。

  • 独立記念日 エストニア
    1918年のこの日、エストニアが
    ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国から独立した。
    その後、1940年にソ連に、1941年にドイツに占領された後、
    1944年からソビエト連邦の一部となっていたが、
    1991年に独立を回復した。

  • 国旗の日 メキシコ
    1821年のこの日、メキシコ独立革命の指導者
    アグスティン・デ・イトゥルビデがメキシコのスペインからの
    独立のための三原則「イグアラ綱領」を発表し、
    ビセンテ・ゲレロがメキシコの国旗に忠誠を誓ったことを記念。

  • 国家芸術家の日 タイ

  • 南国忌
    大衆作家・直木三十五の1934(昭和9)年の忌日。
    代表作の『南国太平記』から「南国忌」と呼ばれている。
    翌年、直木三十五の友人だった作家・文芸春秋社長の菊池寛が、
    純文学の「芥川龍之介賞(芥川賞)」とともに、
    大衆文学の分野の新人に贈る賞として「直木三十五賞(直木賞)」を創設した。

  • 不器男忌
    27歳で夭逝した俳人・芝不器男の1930(昭和5)年の忌日。

  • 丈草忌
    江戸前・中期の俳人で蕉門十哲の一人・内藤丈草の1704(元禄17)年の忌日。

今日の誕生花 2月24日

  • 蔓日々草 つるにちにちそう
  • 桜草 さくらそう
  • 支那勿忘草 しなわすれなぐさ シノグロッサム
  • アマリリス
  • ストック
  • クロッカス
  • 菜の花 なのはな
  • 編み笠百合 あみがさゆり バイモユリ

花咱夫藍 はなさふらん クロッカス

今日の誕生花、花咱夫藍(はなさふらん)クロッカスも芽吹いてきました。

久しぶりの親友に会う時の、心の高鳴りを感じるのが、
植物たちとの再会です。

そして、確実に成長、進化、洗練されている、
植物たちには、いつも驚かされることばかりですね。

どこまでも、進化、洗練できることを、
その実践で魅せてくれる植物たちとのふれあいは、
とても貴重で大切な時間になります。

今年もこの子にも、学ばせてもらい、楽しませてもらいます。

クロッカスの花言葉

「信頼」「青春の喜び」「私を信じて」「切望」

信が信を呼ぶ!

今日の誕生花、花咱夫藍(はなさふらん)クロッカスも芽吹いてきました。

信頼関係を結んでいくには、
愛は届けた人に与えられるの、自然界の大原則通り、
まずは、自分自身が相手に、全幅の信頼を寄せることです。

この辺りも、愛と同様に、
信じてもらえれば、自分も信じる。
というようなスタンスになってしまっていて、
深い信頼関係が築けずにいるケースがありますね。

騙されたり、裏切られたりすることが心配で、
信じ切ることができない。

これも逆であることを、ぜひ感じ取ってください。

まず、信を届けるからこそ、
信を得ることが可能になるものです。

もちろん、全幅の信を寄せていても、
上手くいかないことはあります。

それも、信を寄せるに値しないものを、
信じてしまった自分自身の感じ取る能力の、
クオリティを高めていける、貴重な体験になりますね。

本来、絶妙なバランスを保って、
自然界での生を実現していっている、
潜在脳は、もちろん信に値することかどうかの情報も、
しっかりとキャッチして、フィードバックしてくれています。

しかし、そのフィードバックを思考領域で、
正しくキャッチできずに、表面的なことに惑わされて、
そういう現象が起こってきます。

ここでも、感じ取る能力と言われる、
感じ取っているものを、理解する能力が、
とても重要だということがわかります。

その思感能力は、どんどん高めていくことですが、
信じると決めたら、迷い、躊躇することなく、
とことん信じきっていくことです。

それで、はじめて相手からの信も得られます。

どうぞ、今日も、
大切な誰かに対しても、もちろんですが、
自分自身の才能や可能性に対しても、
どこまでも信じ抜く一日を過ごしてください。

信じることも、相手や対象がどうかということではなく、
その相手や対象を、信じると決めた、
自分自身を信じることです。

愛が愛を引き寄せるのと同じように、
信が信を生み出していく今日を体感できる、
素晴らしい一日になりますね!

今日も信じ切る素晴らしさを、
存分に味わいお愉しみください。


コメント


認証コード4037

コメントは管理者の承認後に表示されます。