今日の誕生花の馬酔木の花が咲いていました

今日の誕生花の馬酔木(あせび)の花が咲いていました。

今日の誕生花の馬酔木(あせび)の花が咲いていました。

おはようございます!
朝目覚めて、布団から出した手肌に、
春をしっかりと感じました。
今日も素敵な一日になりますね!

今日は何の日? 3月9日

  • バービーの誕生日
    1959(昭和34)年のこの日、ニューヨークで開催された
    国際おもちゃフェアでマテル社がバービー人形を発表した。
    現在、150以上の国や地域で販売され、
    ファッション人形として世界一のシェアを誇っている。
    1999(平成11)年の40回目の誕生日には、
    ニューヨークのウォール街がバービーのテーマカラーである
    ピンク色一色になった。

  • 記念切手記念日
    1894(明治27)年のこの日、日本初の記念切手が発行された。
    明治天皇・皇后両陛下のご成婚25周年を記念して発行され、
    菊の紋章に雌雄の鶴2羽が描かれたデザインで、
    紅色で内地用の2銭と青色で外地用の5銭の2種類だった。

  • 雑穀の日
    日本雑穀協会が制定。
    「ざっ(3)こく(9)」の語呂合せ。

  • 酢酸の日
    ミツカングループ本社が制定。
    「さ(3)く(9)さん」の語呂合せ。

  • 関門国道トンネル開通記念日
    1958(昭和33)年のこの日、下関・門司間の海底道路トンネルである
    関門国道トンネルが開通した。
    全長は3461メートル、工期は21年で総工費は21億円だった。
    1942(昭和17)年には鉄道トンネルが、
    1975(昭和50)年には新幹線用の新関門トンネルが開通している。

  • 緑の供養日
    観葉植物レンタル業のNSBコーポレーションが制定。
    緑の「み(3)」と供養の「く(9)」の語呂合せと、
    「サン(3)キュー(9)」(Thank you)の語呂合せ。

  • 3.9デイ(ありがとうを届ける日)
    NPO法人HAPPY&THANKSが制定。
    「サン(3)キュー(9)」(Thank you)の語呂合せで、感謝を伝え合う日。

  • 佐久ケーキ記念日
    長野県佐久市の信州佐久ケーキ職人の会が制定。
    「さ(3)く(9)」の語呂合せ。

  • 教師の日 レバノン

  • ブリス男爵記念日 ベリーズ
    イギリス領ホンジュラス(現在のベリーズ)に200万ドルの遺産を
    寄贈したイギリス人・ヘンリー・ブリス男爵の1926年の忌日。

今日の誕生花 3月9日

  • 唐松 からまつ
  • 馬酔木 あせび
  • クロッカス
  • ストロベリーキャンドル
  • アザレア
  • 金盞花 きんせんか カレンジュラ
  • 芝桜 しばざくら

馬酔木 あせび

今日の誕生花の馬酔木(あせび)の花が咲いていました。

馬酔木(あせび)が、提灯型の可愛らしい花を、
しっかりと咲かせていました。

この子も、長年の強い剪定の影響で、
少し不自然な育ち方をしていますが、
これから、どんどん回復していくでしょう。

満身創痍ながら、毎年しっかりと花を咲かせる。
一点の曇りも、裏も表もない笑顔が、
奇跡を生み出しているのでしょう。

今年もこの子の最高を、愛でていきたいですね。

馬酔木の花言葉 あせび

「あなたと二人で旅をしよう」「清純な心」
「危険」「犠牲」「献身」

どんな現象に遭遇したとしても、可能性を広げるアクションに繋げていくことだ!

今日の誕生花の馬酔木(あせび)の花が咲いていました。

自然界は、一瞬後に何が起こるかわかりません。

そういう意味では、とても危険も伴っていることになりますが、
原因と結果の法則、エネルギー共鳴の法則など、
自然界の基本ルール、原理を理解して、
自然に沿うことを実践していれば、
かなりの精度で、起こることを察知、予知できるものです。

ただ、その多くは潜在脳がキャッチしていても、
タイムラグの大きい、思考を働かせたりしていると、
タイミングを逸したりしてしまうことも多くなります。

そうすると、色んな出来事にも遭遇することになります。

しかし、たとえどんな現象、出来事に遭遇したとしても、
我が家にいる、金木犀(きんもくせい)や、馬酔木(あせび)のように、
たとえ満身創痍になっても、生ある限り、
可能性がゼロになることはなく、
ほんのわずかな可能性から、再生していくことは、
充分に可能なのが、自然界でもあります。

人間の場合、遭遇した現象や、たとえば負った傷などで、
全てを諦めてしまったり、可能性を手放してしまったり、
してしまうことも多くなっていますが。

決して、遭遇した現象や傷は、
可能性を広げることはあっても、狭めることはありません。

ひとつの現象が起こるということは、
たとえ、わずかでも前に進めているということですから、
例えば、木や山に、ほんのわずかでも高く昇り、登れば、
景色が変わってくるのと同じように、
それが、どんな現象であっても、
違う景色を見ることができるようになります。

違う風景を見られるということで、
すでに可能性が広がっていることになります。

どうぞ、今日も、
まずは、思感を研ぎ澄まして、
できるだけ、察知、予知能力を高めて、
避け得る危険や、遭遇不要な現象は、
普通に回避できるようにしていってください。

それでも、必然的に遭遇する現象からは、
可能性を広がりを感じ取ってください。

また、すぐにその可能性を捉え、
行動、チャレンジを実践して、
実際に広げていってください。

全ての現象が、無限の可能性の宝庫である自然界を、
有意義に探索できるきっかけであることを、
しかと感じ取れる今日も、素晴らしい一日になりますね!

自然界同様、可能性の宝庫であるあなた自身を、
ぜひ、存分にお愉しみください。^^


コメント


認証コード9022

コメントは管理者の承認後に表示されます。