栴檀の控えめだけど美しい花が咲いてきました

栴檀(せんだん)の控えめだけど美しい花が咲いてきました。

栴檀(せんだん)の控えめだけど美しい花が咲いてきました。

おはようございます!
郭公(かっこう)の鳴き声が聴こえてきた朝です。
動植物、みんなが初夏を謳歌していますね。
徐々に暑くなっていくエネルギーを愉しみたいですね。
今日もいい日になりますね!

今日は何の日? 5月14日

  • 種痘記念日
    1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが
    初めて種痘の接種に成功した。
    種痘の登場以前は、天然痘は最も恐ろしい病気の一つだった。
    発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、
    運良く治った人もあばた面になった。
    以前より、一度天然痘にかかった人は、
    二度とこの病気にならないことが知られていた。
    また、ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると
    天然痘には罹からないことを聞いた。
    そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの
    手の水疱からとった膿を、
    近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種した。
    10日後に発症したがすぐに治癒し、
    その後天然痘を接種しても感染しなかった。
    この実験は、学会には認められなかったが、
    ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、
    次第に認められるようになった。
    天然痘による死亡者は劇的に減少し、
    1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認された。

  • 温度計の日
    水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残す
    ドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日。
    なお、この日附はユリウス暦によるものであるが、
    ファーレンハイトの生地ダンツィヒ(グダニスク)では
    既にグレゴリオ暦に改暦しており、それによれば5月24日となる。
    華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる
    当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、
    その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、
    水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる。
    ファーレンハイトが1724年に発表し、
    現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている。
    中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、
    「華氏」と呼ばれるようになった。

  • 独立記念日 パラグアイ 5月15日まで
    1811年5月14日にパラグアイがスペインから独立したことを記念。

  • 国家統一の日 リベリア

  • イエローデー 韓国
    4月14日の「ブラックデー」を過ぎても恋人ができなかった男性は、
    この日に黄色い服を着てカレーライスを食べないと
    恋人ができないと言われている。

  • ローズデー 韓国
    2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデー、
    4月14日のブラックデーを経て、この日までにカップルになった男女が、
    この時期に満開となる薔薇を贈りあう日。


    ☆聖衆来迎練供養会式(奈良県葛城市當麻寺)

今日の誕生花 5月14日

  • 苧環 おだまき
  • 鋸草 のこぎりそう アキレア
  • 芍薬 しゃくやく
  • アイリス
  • ペチュニア
  • 勿忘草 わすれなぐさ
  • 薔薇 ばら
  • イベリス
  • シラン
  • 大飛燕草 おおひえんそう デルフィニウム

栴檀せんだん

栴檀(せんだん)の控えめだけど美しい花が咲いてきました。

別名を、楝(おうち)、植(あみのき)とも呼ばれる、
栴檀(せんだん)です。

「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は、
白檀(びゃくだん)のことで、この子ではありません。

小枝などは、ローズマリーなどと一緒に煎じて飲んだり、
匂い袋などに入れて持ち歩いたりして、
インフルエンザ、風邪の予防、対策に活躍してくれています。

この花の後に稔る、実の中の種子は、
昨年はじめて、ブレスレットにしましたが、
身体の痛みが取れたり、心身の状態を、
整えてくれたりと、とても好評をいただいています。

この子の、エネルギーレベルの高さは、
その成長の様子を見ている中で、たくさん感じていましたが、
小枝にしても、種子にしても、
ここまで効果があるとは思いませんでした。

今年も、たくさんの花が咲いていますので、
たくさんの実を付けてくれるでしょう。

薄紫の、小さくて控えめな花ですが、
いつまでも見ていたくなるほどに、
美しい花を、初夏の楽しみにしています。

栴檀の花言葉 せんだん

「意見の相違」

一人の真の健康が、自然界全体の健康になっていく!

栴檀(せんだん)の控えめだけど美しい花が咲いてきました。

全ての存在の進化が、
自然界全体の進化に繋がっていく自然界では、
一人ひとりの存在の健康が、
自然界全体の健康だとも言えます。

人間の健康も、
季節や動植物の刺激などで、
影響を受けることは多いですが。

それも、様々な面から、
人間の健康だけではなく、
自然界全体の健康を、物語っています。

全ての現象には、原因がありますが、
自然界全体と密接に関わりのある、
人間の健康などの現象にも、
もちろん、個々の中にも、全体の中にも、
その要因があります。

そして、いずれの要因も、
その根源的な解決を目指していくことで、
真の問題解決、健康を実現することができます。

これは、健康に限らず、
あらゆることに、同じことですね。

一人ひとりの成長、進化が、
全体である、組織や自然界全体の、
それに、密接に関わっていること。

その根源を変えていくことなしには、
個はもちろんのこと、
全体が変わっていくことはないこと。

全体と個、自然界と個の関係には、
一人ひとりが充分に認識していくことですね。

全体に、何かを要求しても、
あまり意味のないことに気づくことも大切ですね。

個々が、愉しんでいるからこそ、
愉しめる全体が構築されていきます。

みんなが、愉しめる雰囲気や全体ができたら、
愉しめると考えていたら、
それは、永遠にやってくることはありませんね。

どうぞ、今日も、
まず、あなたの中の健康、歓びを、
根源から感じ、考えて、
その実現にチャレンジしていってください。

環境がどうかは、全く関係ありません。
状況、現象は捉え方次第ですからね。

あなたが変われば、全体が変わることを、
あらゆる場面で感じて、
ぜひ、自然界全体の変化も実現すべく、
あなた自身の、自然界の、
根源へのアプローチからチェンジさせていってください。

まずは、笑顔から感じてみるといいでしょう。
あなたが笑顔になれば、環境も笑顔になります。
そして、さらにあなたが笑っていられるようになります。

自分自身が、心からの笑顔になれるには、
自分の中の何が必要なのかを、
根源をたどっていくといいでしょう。

きっと、そこに全てを変える本質が見えてきます。

あなた次第で、自然界はどうにでもなることを感じられる、
今日も素晴らしい一日になりますね!


コメント


認証コード1740

コメントは管理者の承認後に表示されます。