いつもそこで、異次元を漂わせている棕櫚です

いつもそこで、異次元を漂わせている棕櫚(しゅろ)です。

いつもそこで、異次元を漂わせている棕櫚(しゅろ)です。

おはようございます。
見事な朱色に染まった夜明けの東の空です。
日々、普通がない、素晴らしい毎日ですね。
今日も良い日になりますよ!^^

今日は何の日? 10月6日

  • 役所改革の日
    1969(昭和44)年のこの日、千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができた。
    当時の松本清市長の発案で設置され、
    「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」
    をモットーに、役所の縦割り行政では対応できない仕事に、
    すぐ出動してすぐに処理をし、市民の好評を得た。
    この松本清さんはドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者でもある。

  • 国際協力の日
    1954年のこの日に、日本が初の援助国としての国際協力として、
    途上国への技術協力のための国際組織
    「コロンボプラン」に加盟したことにちなみ、
    外務省と国際協力事業団 (JICA) が1987年に制定。

  • 陸軍記念日 エジプト
    1973年のこの日、エジプト陸軍が、
    イスラエルの防衛線バーレブラインに設定された
    スエズ運河を渡りイスラエル国防軍に対して奇襲攻撃を行い、
    第四次中東戦争が始まったことを記念。

  • ドイツ系アメリカ人の日 アメリカ合衆国
    1683年のこの日、初のドイツ人移民となる
    クレーフェルト出身の13家族がフィラデルフィアに上陸した。

今日の誕生花 10月6日

  • はしばみ
  • 薮蘭 やぶらん
  • 金木犀 きんもくせい
  • 秋桜 こすもす
  • アンスリウム
  • 梅擬 うめもどき

棕櫚 しゅろ

いつもそこで、異次元を漂わせている棕櫚(しゅろ)です。

この子の姿を見ていると、
いつも、あらゆることが、
奇跡なのだということにも気づかされます。

当たり前のことように感じること。

例えば、日々生きていることは、
とても当たり前のことのように感じていますが、
それは、とても絶妙なバランスが保たれ、
奇跡的に存在していることです。

これは、逆に考えると、
奇跡的なことも、当たり前に感じていることの中に、
また先にあるとも言えますね。

身の回りにあることを、
よくよく感じてみてくださいね。

棕櫚の花言葉 しゅろ

「勝利」「不変の友情」
「祝賀」「戦勝」「優勝の意」

奇跡と当たり前の関係を、感じ、追求していくことだ!

いつもそこで、異次元を漂わせている棕櫚(しゅろ)です。

奇跡を感じながら過ごすこと。
当たり前を追求しながら過ごすこと。

このどちらも、人生を充実させていくにも、
事の成就を成し遂げていくためにも、
非常に大切なことですね。

奇跡と当たり前の関係は、
夢の実現などの、エネルギーの放出と、
エネルギーを感じることの両面があって、
はじめて成り立っていくことと、
同じような感覚がありますね。

事の成就をスムーズにしていくには、
単に、実現するためのエネルギーの放出、
アクションやチャレンジをするだけでは、
実現していきませんね。

実現の原因を創ったら、
例えば、そのエネルギーが、
どう作用しているかを、感じる必要があります。

これがなければ、
修正することも、さらに成長、進化させることもできません。

原因があり、結果がある。
表と裏は一対であること。

奇跡と当たり前は、同じところにあり、
一対のものです。

植物たちが起こしていることは、
よくよく感じ、考えてみると、
本当に奇跡的なことを連発して起こしています。

ただ、そこに流れている雰囲気は、
いたって当然という空気です。

特に特別なことをやっているようにも、
見えませんし、感じられません。

ところが、結果だけを見ると、
驚くほどの奇跡的なことが起こっていますから、
多くの人々が魅了されるような、
美しい花、美味しい実ができてくるわけですね。

どうぞ、今日も、
当たり前のように起こっている、奇跡を感じてください。
そして、奇跡の原因は、当たり前のことなのだということも、
ぜひ実感してください。

当たり前を奇跡的に追求していくこと。
奇跡を当たり前に、起こしていくこと。

これが、決して特別なことではないことを、
感じ取れる今日も、
きっと、素晴らしい一日が展開していきますね。

あなたの奇跡と当たり前を、
どこまでも深く探究していくことを、
存分にお愉しみください!^^


コメント


認証コード6107

コメントは管理者の承認後に表示されます。