風信子の鮮やかな花も咲き始めてきました

風信子(ひやしんす)の鮮やかな花も咲き始めてきました。

風信子(ひやしんす)の鮮やかな花も咲き始めてきました。

おはようございます。
まだまだ夜明け前は、
氷点に近い気温まで下がりますが、
春の暖かさを際立たせてくれる、
ありがたい現象ですね。
今日も素敵な一日をお愉しみください!^^

今日は何の日? 3月10日

  • 東京都平和の日
    東京都が1990(平成2)年に、「東京都平和の日条例」で制定。
    1945年3月10日深夜0時8分、東京でアメリカ軍B29爆撃機344機による焼夷弾爆撃があった。
    死者約10万人、焼失家屋約27万戸という、第二次大戦で最大級の被害を出した。

  • 農山漁村婦人の日
    農林水産省婦人・生活課が1988(昭和63)年に制定。
    むかしから、各地域にある婦人だけの休息日が農閑期の10日であることが多かったことから。
    農山漁村の各地域における女性の地位・役割の向上を目指す為に制定された。

  • 東海道・山陽新幹線全通記念日
    1975(昭和50)年のこの日、山陽新幹線・岡山~博多が延伸開業し、東京から博多までの新幹線が全線開通した。

  • 佐渡の日
    佐渡観光協会が1998(平成10)年に制定。
    「さ(3)ど(10)」の語呂合せ。

  • 横浜三塔の日
    横浜観光コンベンションビューローが2007(平成19)年に制定。
    「さん(3)とう(10)」の語呂合せ。
    横浜三塔とは、横浜の歴史的建造物である神奈川県庁・横浜税関・横浜市開港記念会館のことである。

  • 水戸の日
    「み(3)と(10)」の語呂合せ。

  • 砂糖の日
    「さ(3)とう(10)」の語呂合せ。
    砂糖の優れた栄養価等を見直す日。

  • ミントの日
    カネボウフーズが2000(平成12)年に制定。
    「ミ(3)ント(10)」の語呂合せと、3月がフレッシュなイメージであることから。

  • サボテンの日
    岐阜県巣南町の「さぼてん村」を経営する岐孝園が制定。
    「さ(3)ぼてん(10)」の語呂合せ。

  • たけのこの里の日
    株式会社明治が自社で販売している菓子・たけのこの里の記念日として日本記念日協会に申請して正式に受理、2017年に制定。
    商品名「~里」から「さ(3)と(10)」の語呂合せ。

  • (旧)陸軍記念日
    1906(明治39)年~1945(昭和20)年の間の祝日。
    1905(明治38)年のこの日、日露戦争の陸の決戦・奉天会戦で日本軍が勝利し、奉天(現在の瀋陽)を占領した。翌年からこれを記念して「陸軍記念日」となった。

  • 金子みすゞ忌
    童謡詩人、金子みすゞの1930(昭和5)年の忌日。
    西条八十から「若き童謡詩人中の巨星」と称えられたが、結婚後夫から詩作を禁じられ、夫から病をうつされた末、自ら命を絶った。

  • チベット民族蜂起記念日
    1959年のこの日、チベットの首都ラサで中国共産党政府の抑圧に反撥して民衆暴動が勃発した。

今日の誕生花 3月10日

  • 楡(にれ)
  • 菜の花(なのはな)
  • アネモネ
  • スプレーカーネーション
  • ルピナス
  • 蒲公英(たんぽぽ)

風信子 ひやしんす

風信子(ひやしんす)の鮮やかな花も咲き始めてきました。

逞しさも感じられる、
風信子(ひやしんす)の花が、今年も咲いてきました。

洗練された中にも、
鮮やかで、しっかりとした花が、
とても印象的ですね。

素敵な春を一緒に楽しんでいきたいですね。

風信子 ひやしんす の花言葉

「スポーツ」「ゲーム」「遊び」「無分別」
「初恋のひたむきさ」「変わらない愛情」
「控えめな愛」「悲しみを超えた愛」

感情は一瞬で昇華させられるレベルに到達していくことだ!

風信子(ひやしんす)の鮮やかな花も咲き始めてきました。

感情は自然界の存在にとって、
生きていくためにも、推進力を得るためにも、
必要不可欠なものですから、
これは大いに感じることですね。

ただ、人間の場合、
その感情に囚われすぎたり、
振り回されたりすることが多く、
感情の本来の使い方を把握できていないケースが、
とても多くなっていますね。

本来、一瞬感じ取って、
エネルギーに変換できればいいものなのですが、
感情を感じた、どうにもならない現象にも、
さらに感情を増幅させて噛み締めてしまうのが、
人間だと言ってもいいでしょう。

ただ、一気に一瞬でエネルギーに変換できるレベルに、
至ることは難しいですから。

まずは、相反する感情を、
一方を味わうためのスパイスという、
位置づけで感じていくことも、
ステップアップの一段階として使えるでしょう。

暖かさをありがたく感じるための寒さ。

健康をありがたく感じるための不調。

などなど、自然界の揺れ動く振幅の中にいると、
相反する現象の只中にいますから、
意識のフォーカスだけで、
常にありがたさを感じることができるようになります。

感情を一瞬で昇華させられるようになる、
ワンステップとして実践してみることですね。

どうぞ、今日も、
自然界の現象には、必ず意味があり、
無駄なことは一切ありませんから、
感情に囚われたり、いつまでも引きずることなく、
目指すは一瞬で昇華させるレベルですから、
そこを目指してチャレンジしてみてください。

感情の昇華を自在にできるようになれば、
またいちだんと自然界の人生の見える景色が違ってきます。

日々進化していくことが、
自然界で生きる存在の使命だと実感できる今日も、
素晴らしい一日になりますね。

今日も感情の一瞬昇華に向けて、
素敵なチャレンジの一日をお愉しみください。^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード0416

コメントは管理者の承認後に表示されます。