<< 前の成功法則                    次の成功法則 >>

まず考えるではなく、まず感じること。ひとつのことに没頭することと相まって、感性を育む方法である。<500>

まず考えるではなく、まず感じること。
ひとつのことに没頭することと相まって、感性を育む方法である。

<500>

感じやすい心が、失われてきている、
現代社会ですが。

「思考」と「感性」の感性は、
まさに「感じる心」そのものです。

感じる心を、阻害するひとつの要因は、
思考に頼り過ぎることですが。

もうひとつ、没入、没頭することが、
少なくなってきていることが、
大きな要因でもあるでしょう。

情報や刺激に溢れている現代ですから、
ひとつのことに集中して、
やり遂げる時間が少なくなってきています。

これは、人間界の停滞、疲弊の原因でもありますね。

あちこちに、心を散らしていると、
その都度、思考から働いていきますから、
感じる心の阻害要因の、
思考がいつも働いていることにもなります。

考えること、思考することが第一義、
という教育にもなっていますから。
まず、考えることから入るのが、
人間社会ですね。

心身の病が、社会問題になって、
感性や感じる心が大切だと言われていても。
その心を育てる環境にはなっていません。

この状態は、水や栄養の問題が、
自分たちで守っていくしかないのと同様、
自分自身で、感性を守り、育てていくしかありません。

やることは、簡単です。

感性を育てるために、
何か特別なことをやる必要もありません。

目の前のひとつのことに、没頭することです。
短い時間でも、没入する環境や状態を、
自分の心を守り、育てるために、
あなた自身で創っていくことですね。

これは、少し工夫すれば出来るでしょう。

まず、考える。という感覚から、
まず、感じる。
ということが出来るようになると。

あなたの才能を、開発していくことにもなります。

感性や閃き、感じることを、
軽視しがちな、今の人間社会ですが。
そこを疎かにしてきたことで、
今の心身の病が、蔓延している、
人間界を創ってきてしまっています。

あなたの潜在意識、感性の領域は、
通常、思考領域で処理される、
あなたが蓄積した知識や技術は、
すべてインプットされた上で、
あなたに、閃きなどの形で、
様々なことを授けてくれています。

思考の限られた領域の働きだけに、
囚われ過ぎないことです。

もっと、あなた自身の、
素晴らしい能力を信じてあげることです。

どうぞ、トライしてみてください。
まず、考えるから。まず、感じる。
ひとつのことに没頭すること。

あなたの感性、潜在意識が、
色んなことを教えてくれる。
素敵な毎日になっていきますよ!

(浜本哲治)

黄色い水仙、元気に咲いています!
黄色い水仙、元気に咲いています!

Facebookシェア [1] / [2]


a:556 t:1 y:0