今年折れた、針槐、フリーシアの枝です

今年折れた、針槐(はりえんじゅ)フリーシアの枝です。

今年折れた、針槐(はりえんじゅ)フリーシアの枝です。

おはようございます!
今朝は、赤みのない、まさに黄金色の夜明けになりました。
今日も光り輝く、素敵な一日になりますね!

今日は何の日? 12月15日

  • 年賀郵便特別扱い開始
    12月15日から12月25日までの間に年賀状を投函すると、
    翌年の1月1日に配達される。

  • 観光バス記念日
    1925(大正14)年のこの日、
    東京乗合自動車により日本初の定期観光バスである
    「ユーランバス」の運行が開始された。
    皇居前~銀座~上野のコースを走った。

  • ザメンホフの日 Zamenhofa Tago
    国際語・エスペラントを考案したザメンホフの1859年の誕生日。
    世界各地でエスペラント使用者が
    ザメンホフ祭(Zamenhofa Festo)などの催しを開く。

  • 権利章典の日 アメリカ
    1791年のこの日、 アメリカ合衆国憲法の
    初の修正条項である権利章典が発効した。

  • 王国記念日(Koninkrijksdag) オランダ
    1954年のこの日、オランダ王国憲章が制定された。

今日の誕生花 12月15日

  • 沈丁花 じんちょうげ
  • 薔薇 ばら
  • モレア
  • オキザリス
  • 寄生木 やどりぎ
  • カトレア
  • カラー
  • 木瓜 ぼけ

針槐 はりえんじゅ

今年折れた、針槐(はりえんじゅ)フリーシアの枝です。

針槐の木は、とても硬くて、
線路の枕木などにも使われていたようですが、
成長が早く、硬いからというのもあるのでしょうか、
とても折れやすい子です。

毎年のように、枝や幹を強風などで折って、
それでも、平気な顔をしてどんどん成長していきます。

昨日の第2回 自然塾 in Tokyoで、
お会いした方に、この枝を輪切りにした、
コースターなどに使えそうなものをお渡ししました。

持って行って、お渡しして気づいたのですが、
この子の、旺盛なエネルギーが、
そのままお届けできた感じでした。

私の第三の相棒のフリーシアの元気が、
少しでも役立つと嬉しいですね。

針槐の花言葉 はりえんじゅ

「慕情」「友情」「頼られる人」
「親睦」「優雅」「真実の愛」「甘い誘惑」

考えるより、感じることがとても大切です

今年折れた、針槐(はりえんじゅ)フリーシアの枝です。

自然界は、すべて波状のエネルギーです。
人間などの生あるものも、物質も、
小さなものも、大きなものも、
根源はエネルギーです。

もちろん、言葉も文字も、
その根源はエネルギーですね。

ぜひ、日々たくさん遭遇する出来事や、
人、言葉などから、エネルギーを感じ取ってみてください。
エネルギーを感じるチャレンジをしてみてください。

人間は、どうも知識などを元に、
思考領域で、全てのことを理解しようとしがちですが、
これでは、その出来事や言葉の本質に、
なかなか気づくことができません。

元々、言葉の意味などには、その一言、その瞬間だけでは、
伝える限界がありますし、
出来事もその真意は、見えている部分の、
起こったことに意味があるよりは、
なぜ、それが起こったのかということに、
真意があることの方が多いものです。

それらを、エネルギーとして感じ取ると、
思考で理解することの何倍も深く、広く、
理解することもできます。

エネルギーで感じ取ることは、
言葉にも表現できなかったり、
すでにある知識では、理解できないことなども、
かなり多いのですが、
それを感じ取り、理解したり、
本当の知識、体験としてストックしていくことで、
見える日々の光景が、全く違ってきます。

そういう情報、知識、体験の方が、
言葉や文字になったものより、
何倍も、あなたの血肉になっていくでしょう。

エネルギーを、物事の本質をキャッチすることは、
本来、潜在領域、思感が行っているので、
エネルギーを感じ取ることは、難しいことではありません。

ただ、思考で考えても、
感じることはできませんから、
思感で感じたものを、探ってみるのもいいでしょう。

思感でキャッチしたものを感じられるようになると、
直接、すべての遭遇する出来事から、
思感と思考が一体となって、
感じ取ることができるようになります。

言葉で表現できないことなどを感じるということを、
曖昧なことだと、枠にはめてしまっているところが、
人間界にはありますが。

本当に大切な部分は、
また、未知の可能性は、
言葉にできないところにあります。

どうぞ、今日も、
遭遇する全てから、何を感じているのかを、
感じてみてください。

その感じたことを、思考で理解しようとするより、
思感でわかってしまう感覚を確かめてみてください。

閃きを引き出すために、思考を手放したり、
植物たちと交流できるようになるためにも、
感じ、わかってしまう感覚を掴むことは大切です。

思考で理解することが、いかに限界があるかを、
感じることで体感できるようになると、
これから、素晴らしい体験が目白押しになりますよ。

考えるより感じること。
これを、ぜひ一日の中で多くの時間愉しんでください。

今日も素敵な一日が展開していきますね!^^


コメント


認証コード5434

コメントは管理者の承認後に表示されます。