今日の誕生花の、いつも静かに見守ってくれている、樅と柊です

今日の誕生花の、いつも静かに見守ってくれている、樅(もみ)と柊(ひいらぎ)です。

今日の誕生花の、いつも静かに見守ってくれている、
樅(もみ)と柊(ひいらぎ)です。

おはようございます!
今朝も一瞬で、一日分のエネルギーの充填が終わりました。
今日も素敵な一日になりますね!

今日は何の日? 12月24日

  • クリスマス・イヴ
    クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。
    eveは夜を意味する古語evenから来たもので
    「クリスマスの夜」の意味になる。
    キリスト教会暦では日没が1日の始まりであり、
    クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、
    その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・イヴと呼ぶ。

  • 納めの地蔵
    地蔵菩薩の年内最後の縁日

  • 終い愛宕
    愛宕権現の年内最後の縁日

今日の誕生花 12月24日

  • 寄生木 やどりぎ
  • クリスマスベゴニア
  • カトレア
  • ひいらぎ
  • もみ
  • クリスマス・ローズ
  • サンダーソニア

今日の誕生花の、いつも静かに見守ってくれている、樅(もみ)と柊(ひいらぎ)です。

門の両側にそれぞれが居てくれて、
今年も、いつも静かに見守ってくれた、
樅(もみ)と柊(ひいらぎ)です。

ただ、二人とも時折茶目っ気たっぷりに、
いたずらを仕掛けてきたりしますから、
面白いですね。

今年は、樅の花をじっくりと観察できて、
少し異空間にいざなわれたような、
俗にいう、狐につままれたような感覚も覚えました。

ビロードのような風合いのところに、
真珠のような、樹液?の雫で輝かせて、
とっても不思議な感覚、光景でした。

樅の木のそばで作業などをしていると、
これまた不思議と、枝などが身体にまとわりついてきて、
まるで、じゃれあっているようにもなります。

別名を臣の樹(おみのき)と言われる由縁は、
そばで一緒に遊んでみるとわかるかもしれませんね。

樅の花言葉 もみ

「正直」「誠実」「時間」「時」
「高尚」「昇進」「時間」「永遠」

柊の花言葉 ひいらぎ

「用心深さ」「先見の明」「保護」
「先見」「歓迎」「用心」「剛直」

自然のままの素晴らしさを
実感していってください

今日の誕生花の、いつも静かに見守ってくれている、樅(もみ)と柊(ひいらぎ)です。

今年の柊は、どういうわけか、
春先に、いつの間にか、
短く刈り込まれてしまって、
その後、しっかり再生してきましたが、
花を咲かせることはできなかったようです。

これは、人間界の中でもよく見かける光景ですが、
そばにいる人や存在を、自分のコントロール下において、
思うままにできるようにしておきたいという発想ですね。

自分自身に対してもそうでしょうか。
表面に現れている部分だけを、自分だと考えてしまって、
未知の自分があることを、感じよう、認めようとしないところも、
全てをコントロール下に置きたい衝動のなせる業かもしれませんね。

これでは、自分自身の進化はもとより、
組織であったり、人間界全体の進化は、
なかなか実現していかないでしょうし、
かなりの時間がかかってしまいます。

数千年単位でも、進化できていないことが、
それを表しているでしょう。

進化は、進化の方向に気づき、
それを実現していこうとすれば、
実現していけるものですからね。

自分の枠を超えることは、
大いに歓ぶべきことです。

どうしても、多くの人に、存在に、
悪影響が出るような部分があれば、
最小限の気づかないような剪定で済ませることです。

そもそも、価値観は人それぞれに違いますから、
多くの人の価値観に合うように剪定しようとするより、
できるだけ手を加えずに、個性を尊重していった方が、
より多くの価値観と融合できるものになっていくでしょう。

自然のままが、もっとも美しく、しなやかで、逞しく育つ。

自然界の大原則を、
あらゆる場面で、活用していくことです。

植物たちは、そんなことはありませんが、
人間であれば、一度花を咲かせられないことがあるだけで、
もう、朽ちてしまう可能性は非常に高いですから。

できるだけ、手は加えず見守ることを、
個性を活かしていくことを、
目指してチャレンジしていくことですね。

これは、自分自身のキャパシティを大きくすることにも、
自分に対する縛りを解き放っていくことにも、
非常に有効なことです。

余計な手を加えることをして、
無用に忙しくしているのが、人間界でもあります。

自然界には一切の無駄はないのですが、
人間が無駄のことをしているだけ。
その影響で、どんどん無駄が増えていく。
という場面は、本当に多いものです。

できるだけ、無駄なことはせず、
無駄かどうかわからない部分もありますから、
できるだけ、手を加えないことを第一義にして、
手を出すのは、どうしても必要なところだけにすること。

ぜひ、これにチャレンジしてみてください。

夢の実現に向けてのチャレンジには、
時間が限られています。
永遠に時間があるわけではありませんから、
その時間を、無駄なことに使うことが多くなっては、
夢は近づいてきませんからね。

やるべきことも、自然が要求することを厭って、
自分の思考が欲することをしてしまう傾向も、
人間には強いですから。

このチャレンジは、本当に大切なことになるでしょう。

どうぞ、今日も、
限られた時間しかありませんから、
その時間を、夢の実現に必要なことに絞り込んで使ってください。

できるだけ、余計なことに手を出さず、
時間を浪費しなければ、
とても多くの有益な時間を過ごせます。

そして、自然のままを尊重した、
自分自身からも、環境からも、
大きな恵みを授かることになりますよ!

この自然の恵みを、
ぜひ、今日にも実感してください。
充実と感動の一日になること請け合いです。

今日も素敵な一日になりますね!


コメント


認証コード8768

コメントは管理者の承認後に表示されます。