木枯しに抱かれて ☆ 小泉今日子

今日も、便利なものを、あなたの才能の進化に活用できた、
素敵な一日になりましたね!

今日は、小泉今日子さんの「木枯しに抱かれて」です。
 
あなたの冬になると聴きたくなる曲を、ぜひ教えてください。

夢の実現に燃える想いは、
最初の火おこしが大切です!


誰にも消されない、夢への恋の炎は、
燃え上がっていますね!

こういう炎を常に燃え上がらせておくには、
まず、一気に燃え上がることです。

ここで、マイペースで、ボチボチと言っていては、
簡単にひと吹きで消されてしまう火しかおこせず、
いつまでも火おこしに時間を費やすことになってしまいます。

吹き消されるような風が、
逆に火を燃え上がらせる、延焼させるものになるまでは、
できるだけ短時間で、燃え上がることですね。

夢へのチャレンジなどもそうですし、
夢の実現に最も大切な健康を、
手に入れようとすることなどの場合は特に、
短期間で、当たり前のレベルを高めていくように、
一気に燃え上がらせる必要があります。

どうも、火を起こせずに、
諦めてしまうケースが多いのが気になりますね。

誰かが、火を付けてくれる。
燃え上がらせてくれる。
と考えているケースが多いのでしょうか。

発火するのも、燃え上がるのも自分自身なのに、
環境に依存したり、環境のせいにしているケースが、
あまりにも多いですね。

また、一気に燃え上がってしまうと、
あっという間に消えてしまうことを、
気にしているケースも多いですが。

もちろん、一本の木片だけでは、
それが燃え終わったら消えてしまいますが、
どんどん薪を焼べていけば、炎は大きくなっていきます。

燃え上がって、風が吹いても、
燃え広がるだけで、消えなくなってからは、
その炎を維持するのも、大きくするのも、
余裕を持ってできますが、
まだ、吹き消されそうな火おこしの段階から、
ボチボチでは、いつまでも消えない炎にはなっていきません。

環境からの、ひと吹き、ひと吹きに、
消えてしまわないかと、ひやひやしながらの段階は、
早々に通過していくことですね。

そのためにも、夢へのチャレンジは、
火おこし、スタートが大切です。

火が燃え上がっていくのも、
飛行機が離陸するのも、
注ぐエネルギーの配分としては同じでしょう。

離陸するまで、火が消えない炎になるまでに、
精一杯のエネルギーを注ぎ込むことです。

エネルギーの枯渇を心配する必要はありません。

夢を狂おしいほどに愛していれば、
エネルギーが枯渇することはあり得ません。

エネルギーが出なくなるとすれば、
それは、恋している、愛している思いが、
消えてしまったということでしょう。

どうぞ、明日も、
夢に恋い焦がれて、今の最高に燃え上がってください。

夢に一途に恋する姿を、
誰に何を言われようが、
その向けられたエネルギーが、
ますます恋の炎を大きくすることに、
活用できるほどに燃え上がらせてください。

冷めていては、何も事は成就していきませんね。

あなたの燃え上がる炎に、
次々と一緒に燃え上がる人との出逢いも、
そう遠くない未来に訪れるでしょう。

一緒に燃え上がることのできる出逢いほど、
素敵な出逢いはありませんね。

あなたが燃え上がることで、
愛の炎が類焼していくのを感じられる、
明日も素敵な一日になりますね!

今日も最高の一日をありがとう!^^


木枯しに抱かれて


THE ALFEEさん のバージョンです



コメント


認証コード3492

コメントは管理者の承認後に表示されます。